受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に。 「NHK見なければ受信料支払わなくていい」発言をNHKが非難。「厳しく対処」と声明

見解が分かれる放送法64条の「契約」規定…弁護士はどう見る?

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

NHKが7月30日に「受信料と公共放送についてご理解いただくために」というタイトルの文書を発表し、物議を醸している。 同文書ではと発言する人たちがいると指摘したうえで、放送法や受信規約を根拠に、と主張。 その上で、と強い調子で非難している。 この文書に対し世間からはといった反発が続出。 なかにはとNHKに理解を示す声もあるものの、おおむね否定的な反応が目立っているようだ。 「テレビやワンセグ携帯電話の所有者にNHKとの契約義務が発生することは、すでに最高裁でも判決が確定しています。 その意味で今回の文書は法的な裏付けのもとに発表されたわけですが、NHKではこれまで《放送受信契約のお願い》といったソフトな表現を使ってきたのに対し、今回の文書は《明らかな違法行為などについては、放置することなく、厳しく対処してまいります》と強い姿勢を打ち出しているのが目立ちます。 こういった表現に対して《言っていることは正しいかもしれないけど、言い方というものがあるだろう》との反応が出ることは、ごく自然なことでしょう」(週刊誌記者) ともあれ、なぜNHKがこのような文書を発表することになったのかとの疑問を巡り、今回のタイミングは明らかな対応ミスと指摘する声もあるようだ。 「先日の参院選では『NHKをぶっ壊す!』を党是とするNHKから国民を守る党(N国党)が約2%の投票を得て、1議席を獲得。 そして7月30日には大阪市の松井一郎市長がN国党を念頭に、『NHKが(N国党への)徴収手続きに入らないのであれば、大阪市としても今後は受信料を支払わない』との不満を表明しました。 そのため今回のNHK文書は、N国党への対決姿勢を示したと受け止められても仕方がないでしょう。 NHKは否定するかもしれませんが、世間がそう思うのは止めようがない。 今回の文書はNHKの正当性を訴えたはずなのに、むしろ自らの首を絞める結果に繋がりかねないのです」(前出・週刊誌記者) NHKの文書では具体的な党名や組織名について触れていないものの、世間がN国党をイメージするのは不可避。 これではN国党の土俵に自ら上がったのも同然なのかもしれない。

次の

<NHK異例放送の裏>N国立花と上念司がNHKの呆れた金満体質を暴露?(2019年8月15日)|BIGLOBEニュース

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

NHK総合で8月9日の午後8時42分から「受信料と公共放送についてご理解いただくために」と題した3分間の番組が放送された。 番組では、受信料を財源とすることで、特定の利益や視聴率に左右されず、社会生活の基本となる確かな情報や防災情報などを全国に放送できる、と受信料の意義を説明。 松原洋一理事が「引き続き、受信料制度の意義や公共放送の役割を丁寧に説明し、公平に受信料をお支払いいただくよう努めて参ります」と話した。 番組は、8月10日午後0時42分、8月11日午後6時42分からも放送される。 放送の理由について、NHKは弁護士ドットコムニュースの取材に対し、「受信料制度についての正しい理解に基づかない発言が頻繁に聞かれること、そして受信料制度についての視聴者のみなさまからのお問い合わせがあること」としている。 受信料についても同様だという。 放送がいつ決まったかについては、「取材・制作の過程についてはお答えしていません」だった。 お金を払った人だけがNHKを視聴できる「スクランブル放送」を公約としている「NHKから国民を守る党」の影響についての言及はなかった。 なお、NHKが「」としているページには、「NHKの訪問を撃退するとのシール」には効果がない、NHKが暴力団関係者に契約・徴収を委託することはない、など、N国党に関連するテキストが掲載されている。 NHKは7月30日に番組とを発表。 「『受信料を支払わなくてもいい』と公然と言うことは、法律違反を勧めることになります」などとしていた。

次の

NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ

受信 料 と 公共 放送 について ご 理解 いただく ため に

30日、NHKが公式サイトで受信料徴収について声明文を掲載。 その内容が物議を醸している。 NHKは「受信料と公共放送についてご理解いただくために」という文書の中で、受信料を徴収する意味について、「いつでも、どこでも、誰にでも、確かな情報や豊かな文化を津々浦々あまねく伝えていくという使命を果たすため」と説明し、「公共放送ならではのさまざまな放送事業を行なっています」と意義を主張する。 続けて、「このところ『NHKを見なければ受信契約はしなくていい。 受信料は支払わなくてもいい』と発言する人たちがいます」「放送法や受信規約ではNHKの放送を受信できる設備をお持ちの方は受信契約を結び、受信料をお支払いいただくことが定められています」「『受信料を支払わなくてもいい』と公然に言うことは法律違反を勧めることになる」と、名指しはしなかったものの、参議院選挙で議席を獲得した「」の活動を批判する。 そして、「不公平感を解消するためにも、 中略 誤った認識を広めるような行為や発言はきちんと対応する」「NHKは放送法や受信規約にのっとって適切に業務を行っており」などと主張し、最後に「公平負担の徹底に全力で取り組んでいく」と、これからも未契約者に対し受信料を徴収していく方針を明確にした。 今回の文書発表は「NHKから国民を守る党」が参議院選挙で議席を獲得し、丸山穂高衆議院議員の入党、渡辺喜美参議院議員と統一会派を結成するなど、意欲的な活動をしていることに、脅威を覚えているためであると思われる。 異例の文書発表となったが、ネットユーザーからは「結局自分たちの主張を繰り返しただけ」「放送法そのものがおかしく、契約の自由に反していると主張していることには全く触れられていない」「テレビを設置しただけで、見ていなくとも受信料を取られることに不公平感を覚えている。 全くの時代錯誤な主張だ」と厳しい言葉が並んだ。 また、「押し売りのような契約手法を止めてもらいたい」「夜に押しかけ契約を迫られた。 まるで借金取りのようだった。 これからさらにそれが強まりそう」など、強引な「取り立て」に不安を覚えるネットユーザーも多かった。 NHKの受信料については、松井一郎大阪府市長が30日の記者会見で、「現職国会議員の未払いを認めるなら一般にも認めなあかんよ」「これがまかり通るなら大阪市も止めさせてもらう」と話しており、今後、この論理が企業や市町村に広がっていく可能性も否定できない。 受信料制度に不満を持つ声はこれまでにも上げられており、遂にNHKに影響を与えた様子。 ただし、NHK側は現状これまでのやり方を変える予定はないようだ。 NHKの番組を視聴している人間が、受信料を支払うのは当然のことだが、見てもいない人間にまで、テレビを設置しているというだけで支払いを迫っている現状は、おかしいと言わざるを得ない。 それでも、「放送法に定められているから」という理由で金を取り、私腹を肥やすNHKに、厳しい目が向けられている。 nhk. pdf 外部サイト.

次の