野田洋次郎新世界。 野田洋次郎(RADWIMPS)書き下ろしの新曲「猫じゃらし」がTVCM楽曲に決定

野田洋次郎が語る「新世界」の指針と覚悟(Rolling Stone JAPAN)

野田洋次郎新世界

5月8日に生放送された『ミュージックステーション』でRADWIMPSは正真正銘に生まれたばかりの新曲「新世界」を初公開し、翌日に配信リリースした。 新型コロナウイルスが振るう猛威によって世界中の人々が身動きをとれず、人と人が直接的なコミュニケーションを図ることさえもはばかられるようになった現在。 このメールインタビューはまさに彼が「新世界」を完成させる直前に応じ、したためてくれたものだ。 この返信の筆圧の強さを裏打ちしている彼の覚悟と指針は、「新世界」を作り上げたモチベーションそのものと言っていいいだろう。 ぜひじっくり読んでほしい。 ー最近はいかがお過ごしですか? どんなことをして過ごしてるんですか? 作曲、作詞、掃除、料理、Netflix、買い出し(週二くらい)、電話、新たな音楽ソフトの勉強、etc。 ー「自分なりの部屋での楽しみ方」「最近好きな音楽、映画、本など」について教えてください。 こんな時なので久々に日記を書いています。 毎日の気持ちのアップダウンなんかを。 あっという間に忘れていく気持ちばかりなので。 あとは全くしなかった料理を簡単なものだけしてみたり。 『BANANA FISH』、『ドロヘドロ』、『僕だけがいない街』なんかのアニメを結構観ています。 あとまだ手をつけていなかったいわゆる名作と言われる映画も。 『ゴッドファーザー』『タクシードライバー』『2001年宇宙の旅』とか。 僕自身好き嫌いが結構ハッキリしているので序盤で興味が湧くかどうかが決めてです。 音楽は今ほぼ自分の作りかけばかり聴いていますがkZmのあたらしいアルバムやトム・ミッシュあたりを聴いたりしています。 今(5月5日現在)はMステで新曲を作って披露すると言ってしまったので日々それに追われててんやわんやです。 まだ完成していません。 このインタビューも遅れてしまってすいません。 どれだけ自分は友達に会うことで心が満たされていたか気づかされます。 あとバンドで一緒に音を鳴らすことができないストレスもあります。 SNSを見る回数は極端に減らしました。 ニュースも普段より見ません。 疲れるし心が持っていかれるので。 「いかに情報を集めるか」、より「いかに余計な情報を排して必要なものだけを入れるか」がとても大事になっていると思います。 あとはBBCとかCNN、海外のニュースサイトを見るようにします。 これは昔からですが、なるべく広く違う角度から今回のCOVID-19も眺めるようにしています。

次の

野田洋次郎、深田恭子出演のTVCMへ新曲「猫じゃらし」書き下ろし

野田洋次郎新世界

ロック• provided courtesy of• そんな中僕たちでどんな未来を作っていこうかっていう思いがすごく強かったので、みんなが想像できるような、みんなで新しい未来を創造していくような気持ちになる曲になればなっていう気持ちで作りました。 その楽曲の歌詞についての感想を書く。 アーティストが楽曲について前述のとおり説明自体はしているから読まなくても別に構わない。 現在2020年5月8日自粛期間中。 誰にもいつ安寧の未来が来るのかという事が不明で、未曽有の事態で影響を受けた企業、失った遊び場、失った存在。 事実、これまでになかったな現象、今なお様々な影響が見受けられる。 さまざまな問題がこれまであったにも関わらず、今なお問題が残り、それらを改善するにも前進しているつもりでも、本質からは目をそらしていておぼつかない足取りで社会は改善できていない事がいくつもあるという。 「泣いてない」苦からまるで目をそらして、見ていたいものだけを見て、問題を問題視しないで誤魔化しているという。 国も、個人も。 個人個人は完ぺきではなく、誰もが問題を持っているもので、その個人たちがその者同士で『優劣』をのたまう。 解決策を出さず、行動を起こさずし『優劣』をのたまう。 そうして世界が進んでいってしまう。 想像だけして、世界は創造出来ない。 けなし合っていたら、解決にはならない。 目をそらしていれば、問題は勿論解決しない。 「不器用でもいいから、新しい世界を描こうよ、一緒に。 」 洋次郎さんがそう言っているような、気がしたよ。 終わり。

次の

米津玄師×RADWIMPS野田洋次郎のコラボ曲「PLACEBO + 野田洋次郎」米津の新アルバム収録

野田洋次郎新世界

おそらく今回のローリングストーンジャパンの記事がTwitter界隈でそれほど評判になることはないだろう。 あの雑誌が政治雑誌だと思う人は誰もいない。 だが現在の政治雑誌に新しい着想はない。 曲を聴いてみたがコロナ前にはできていた曲のようなので「時代変化に合わせて加工されたメッセージ」という気はする。 だが言っていることは興味深い。 つまり、本人たちがどう考えているのかということも実はそれほど重要ではない。 仮にワクチンができて、このウイルスとある程度の距離で共存できるようになったとして、今までのような世界には戻らないと思います。 僕自身は国というものを信用しなくなりました。 一応この国に住むために税金は納めますが、(意識として)金輪際「国」というものから切り離した個体で生きようと思っています。 要請や要望、税金の徴収、向こうからのリクエストはシコタマ飛んできますがこちらからの要望には応えない。 まるで自分たちの財布の中身のように扱っていますが、税金はそもそも僕たちが支払ったお金です。 それを国民が困窮している時に、国民が安心できるレベルまで補償として使わない道理がわかりません。 僕はもう期待もしない。 自分と、自分の大切なものは自分で守る。 今はそういう気持ちです。 なぜ興味深いかというとこの言説自体は特に珍しいものではないからである。 野田洋次郎さんは1985年生まれの34歳だそうだ。 そろそろミドルクラスのマネージャーとして活躍しだすくらいの年齢である。 バブルが崩壊したころは小学生だったわけで昭和を知らない世代である。 昭和を知らないくらいの人はそもそも「立憲主義が壊れた」というような感覚は持たない。 幻想としての「うまくいっていた民主主義社会」というものを知らないからだ。 1989年頃から1991年に東側世界が崩壊して以降東側に対して「民主主義はうまくいっている」と言い張る必要がなくなってからあとの世代の人でもある。 それでも「自分の頭で考える」とこうなる。 バブル崩壊のあと金融機関がどんどん潰れて行く中で、企業は社会や金融機関は信じられないと思うようになった。 バブルが崩壊したのは1992年か1993年頃だったと思う。 山一証券北海道拓殖銀行が破綻したのは1997年だった。 翌年の1998年の日本長期信用銀行が破綻した。 貸しはがしが起き企業が金融機関を信頼できなくなると企業は自己資金を蓄積し始める。 手元に資金持ってないと不安というマインドセットに陥ってゆく。 削られたのは人件費だった。 この結果非正規雇用に傾くようになり長期的な停滞が始まった。 つまり日本人は社会を信頼しなくなったがそれを表立っていうことはなかった。 今政治を語っている人はどこかで何かを信頼しようとしているのだがそれはおそらく世間一般の政治認識とは異なる。 「消費が落ち込んで景気が上向かない」などといつも国は言っていろいろな手段で消費促進を促しますが、結局こういう緊急事態に救ってもらえないことがわかった今、これから余計に国民が貯蓄に回るのは間違いない気がします。 この文章を読むとわかるがこうしたことが淡々と書かれている。 国を頼りにしても仕方がないというのは平成人ならば誰もが持っている感想であり特に新しいものではない。 おそらくそれを改めて言葉にしたところに意味がある。 アーティストはまず現実を見つめた上で「じゃあ、この先をどうするのかということは自分たちで考えなければならない」と考えているようだ。 ではこの先はどうなるのか。 音楽マーケティング的には「次回のアルバムに乞うご期待」となるのだろう。 だが、おそらく「新世界がどうなるべきか」という答えはもう出ている。 我々はしばらくの間新型コロナが流行すれば経済を引き締めて収まれば解放するということをウィークリーで把握しなければならないような世界を暮らすだろう。 そのためには情報システムと管理体制を整えなければならない。 そしてその報告が素早く国に上がり、国はおそらく一ヶ月単位で予算の組み替えが必要になる。 これは現在の国の仕組みである単年度予算主義を否定する。 だが、国家体制の浮沈は結局そこにかかっているし、それは昔からそうだった。 共産主義は五カ年計画で負けた。 資本主義の自己調整にスピードの上でついて行けなくなったからだ。 今回の変化もおそらくその延長線上にある。 もっとさかのぼれば官僚体制を作って各地の農作物の収穫情報を集めてきていたことにくらいまではさかのぼれるだろう。 文書管理・情報管理は国家の基礎であるということに改めて気づかされたに過ぎない。 これまでもそうだったし、これからもそうなのだ。 おそらく現在の安倍政権がこうした体制を構築するのは無理だろう。 立憲民主党にもできないかもしれない。 一方、レポーティング制度を整えて独自基準で自粛要請解除を始めた自治体も出始めている。 今回の件はおそらくその競争になるに違いない。 誰もが通天閣の色で現在の世界の状況を知り生活態度を調整するというような世界はあっけなく現実になった。 その意味で、我々はとても新しい時代の始まりを目撃していて、そのことの意味も目撃している。 我々はもう「新しい世界」にいるのだ。 Google Recommendation Advertisement.

次の