いづれ に せよ。 いずれにしても、いい影響はないですね。って英語でなんて言うの?

「いずれか」と「いづれか」はどちらが正しいのか・違い

いづれ に せよ

古語の世界では明らかに「いづれも」の表記がなされています。 いわゆる「旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)」と呼ばれます。 江戸時代など短歌や川柳の世界で使われているものは、この表記のものがほとんどです。 例えば有名な短歌で松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」の「つはもの」がこれにあたります。 他にも「にほひ」など現代では短歌の世界でしか使われていないものの読み方です。 さらに例を挙げていくと、「たそがれ(黄昏)」もそうですし、「みなかみ(水上)」も、また「わたつみ(わだつみ)」もそうです。 「まなこ(眼)」「たなごころ(掌)」「生きとし生けるもの」なども化石化して残っている表現です。 「我が子」は「吾子」と表記され、読みは「わこ、あこ、あご」呼ばれていた変遷が見られます。 変わって「いずれも」ですが、「現代仮名遣い」と呼ばれます。 これは後の章で詳しく書いていきます。 日本語の変遷を知る書籍として有名なものとして「古今和歌集」「新古今和歌集」「今昔物語」「太平記」「源氏物語」「枕草子」「万葉集」「伊勢物語」「竹取物語」「方丈記」「徒然草」「古事記」「日本書紀」「歎異抄」「宇治拾遺物語」「十訓抄」「東海道中膝栗毛」「雨月物語」などはおすすめの書です。 また現代に形を残す古典的日本語表現として「能楽」があげられますが、こちらを勉強されたい方には「風姿花伝」がおすすめです。 好き好きは人によって違いますが、「歌舞伎」も古典的日本語表現で構成されている舞台です。 「歌舞伎」で有名な演目といえば、「仮名手本忠臣蔵」「義経千本櫻」「勧進帳」「連獅子」「東海道四谷怪談」「曽根崎心中」「番町皿屋敷」この記事を読まれた機会に一度演舞場へ足を運ばれて古典的日本語の世界に浸ってみてはいかがですか。 みなさんご存知の「平家物語」の一部抜粋です。 有名な「那須与一が扇を狙う」一説です。 沖には平家、岸には源氏の見物の中、与一が弓を射る有名なシーンです。 頃(ころ)は二月(にんぐわつ)十八日の酉(とり)の刻ばかりのことなるに、をりふし北風(ほくふう)激しくて、磯(いそ)打つ波も高かりけり。 舟は、揺り上げ揺りすゑ(え)漂へば、扇もくしに定まらずひらめいたり。 沖には平家、舟を一面に並べて見物す。 陸(くが)には源氏、くつばみを並べてこれを見る。 いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。 他にも「竹取物語」などの古文に「いづれの」の表現がありかなり古くから使われている言葉であることが読み取れます。 「いづれも」は便利な表現として多用されていたようで、色々なところに書かれています。 古文を読む機会に「いづれも」探しをするのも楽しいです。 「いずれも」と「いづれも」の違いについて書いてきましたが、違いについてご理解いただけたでしょうか。 普段使いは「いずれも」、古文などの旧仮名遣いでは「いづれも」と使い分けしていただければ、間違いありません。 現代文と古文に混じり合うことがなければ使い方の間違いは防げます。 このように日本語は時代とともに読みや意味が変わったり、なくなってしまう表現があったりと、色々な変遷を経て成り立った言語です。 「いづれも」もその言葉の中の一つです。 けれども、日本語は外国語にはない素敵な表現、繊細な表現があります。 英語や他の国の言葉では表現できないものがたくさんあり、いずれも美しい言葉です。 日本に生まれたことに誇りを持ち、正しい日本語を後世に伝えるためも、先の章で紹介した言葉は覚えて損はないでしょう。 先頃「広辞苑」の新版が出版されましたが、追加された語句も多く日本語の変遷を楽しめます。

次の

「いずれにせよ」の意味と使い方・類語・ビジネス表現法・例文

いづれ に せよ

「いづれ」と「いずれ」の違いとは? 「いづれ」は歴史的仮名遣い 「いづれ」と「いずれ」はどちらも日本語ではありますが、日本語には「歴史的仮名遣い」と「現代仮名遣い」の違いがあります。 その中でも迷いやすい表記のひとつに「ぢ・じ」「づ・ず」のいわゆる「四つ仮名 よつがな 」です。 歴史的仮名遣いでは「ぢ」や「づ」が使われており、「いづれ」も歴史的仮名遣いという扱いです。 現代仮名遣いは「いずれ」 「いづれ」は比較的現代語に近い表現のため現代でも使用されている例があります。 「いづれ」が必ずしも間違いにあたるというわけではありませんが、現代で用いられる標準語である「現代仮名遣い」としては、「いずれ」が正しい表記となります。 普段の口語や文面の中では、「いずれ」の表記が一般的という程度の認識を持っておきましょう。 「いずれ」の表記と使い方 漢字は「何れ」「孰れ」 「いずれ」を漢字に変換すると「何れ」または「孰れ」で表記します。 日本の古文書では「何処 いづこ 」や「何方 いづへ=どこへ 」などと使われていたことから「何」が適切な漢字表記として設定されています。 「孰れ」は中国史などで使用されており、あまり親しみのない漢字表記のため、一般的には「何れ」になると頭に入れておきましょう。 英語表現は意味によって異なる 英語に訳す場合は、意味によって英語表現が変わります。 「いずれ」(いずれ)を「どちら」という意味で使う場合には、「either」や「which」を用います。 時間的な意味で「いずれ」を用いる場合には「some time」などが適切でしょう。 「いずれ」を含んだ表現を英語する場合はその都度、適切な表現が異なりますので、使い分けには注意しましょう。 いずれの類語・言い換え表現 一言に「いずれ」と表現しても、その言葉に込められる意味は様々です。 大きく分けると、物や人・事項に関して表現する「物的な意味」や「因果関係を表す意味」、少し先の未来を表現する「時間的な意味」があります。 「いずれ」を含む言葉・表現例 「いずれ」のまま使用すると「いつか」「そのうち」を始め、「結局」など因果を表す意味にもなりますが、語尾にどのような言葉を付けるかによって全く違う意味に変化します。 「いずれか」=「どちらか」「どれか」 物事を表す方法として「いずれ」を使う場合は、語尾に「-か」を付けることで「どちらか・どれか」という意味になり、「-の」を付けることで「どちらの・どれの」に変化します。 英語の場合で「いずれ=which」ではなく「or」が適切な単語となります。 また「-も」を付けることで「どちらも・どれも」、「-にも」を付けることで「どちらにも・どれにも」に、この場合の英単語は「and」へ変化します。

次の

「いずれにせよ」の意味と使い方・類語・ビジネス表現法・例文

いづれ に せよ

古語の世界では明らかに「いづれも」の表記がなされています。 いわゆる「旧仮名遣い(歴史的仮名遣い)」と呼ばれます。 江戸時代など短歌や川柳の世界で使われているものは、この表記のものがほとんどです。 例えば有名な短歌で松尾芭蕉の「夏草や兵どもが夢の跡」の「つはもの」がこれにあたります。 他にも「にほひ」など現代では短歌の世界でしか使われていないものの読み方です。 さらに例を挙げていくと、「たそがれ(黄昏)」もそうですし、「みなかみ(水上)」も、また「わたつみ(わだつみ)」もそうです。 「まなこ(眼)」「たなごころ(掌)」「生きとし生けるもの」なども化石化して残っている表現です。 「我が子」は「吾子」と表記され、読みは「わこ、あこ、あご」呼ばれていた変遷が見られます。 変わって「いずれも」ですが、「現代仮名遣い」と呼ばれます。 これは後の章で詳しく書いていきます。 日本語の変遷を知る書籍として有名なものとして「古今和歌集」「新古今和歌集」「今昔物語」「太平記」「源氏物語」「枕草子」「万葉集」「伊勢物語」「竹取物語」「方丈記」「徒然草」「古事記」「日本書紀」「歎異抄」「宇治拾遺物語」「十訓抄」「東海道中膝栗毛」「雨月物語」などはおすすめの書です。 また現代に形を残す古典的日本語表現として「能楽」があげられますが、こちらを勉強されたい方には「風姿花伝」がおすすめです。 好き好きは人によって違いますが、「歌舞伎」も古典的日本語表現で構成されている舞台です。 「歌舞伎」で有名な演目といえば、「仮名手本忠臣蔵」「義経千本櫻」「勧進帳」「連獅子」「東海道四谷怪談」「曽根崎心中」「番町皿屋敷」この記事を読まれた機会に一度演舞場へ足を運ばれて古典的日本語の世界に浸ってみてはいかがですか。 みなさんご存知の「平家物語」の一部抜粋です。 有名な「那須与一が扇を狙う」一説です。 沖には平家、岸には源氏の見物の中、与一が弓を射る有名なシーンです。 頃(ころ)は二月(にんぐわつ)十八日の酉(とり)の刻ばかりのことなるに、をりふし北風(ほくふう)激しくて、磯(いそ)打つ波も高かりけり。 舟は、揺り上げ揺りすゑ(え)漂へば、扇もくしに定まらずひらめいたり。 沖には平家、舟を一面に並べて見物す。 陸(くが)には源氏、くつばみを並べてこれを見る。 いづれもいづれも晴れならずといふことぞなき。 他にも「竹取物語」などの古文に「いづれの」の表現がありかなり古くから使われている言葉であることが読み取れます。 「いづれも」は便利な表現として多用されていたようで、色々なところに書かれています。 古文を読む機会に「いづれも」探しをするのも楽しいです。 「いずれも」と「いづれも」の違いについて書いてきましたが、違いについてご理解いただけたでしょうか。 普段使いは「いずれも」、古文などの旧仮名遣いでは「いづれも」と使い分けしていただければ、間違いありません。 現代文と古文に混じり合うことがなければ使い方の間違いは防げます。 このように日本語は時代とともに読みや意味が変わったり、なくなってしまう表現があったりと、色々な変遷を経て成り立った言語です。 「いづれも」もその言葉の中の一つです。 けれども、日本語は外国語にはない素敵な表現、繊細な表現があります。 英語や他の国の言葉では表現できないものがたくさんあり、いずれも美しい言葉です。 日本に生まれたことに誇りを持ち、正しい日本語を後世に伝えるためも、先の章で紹介した言葉は覚えて損はないでしょう。 先頃「広辞苑」の新版が出版されましたが、追加された語句も多く日本語の変遷を楽しめます。

次の