デート 選択肢。 オリジナル版FF7 好感度が及ぼす影響と好感度を変動させる要素

ゴールドソーサーのデートイベント

デート 選択肢

もくじ• デートイベントの分岐条件 デートイベントは、 チャプター14開始時に夜の花畑で発生します。 デート相手は「ティファ、エアリス、バレット」の誰かになります。 デート相手の分岐は、 これまでに選んだ選択肢・行動により好感度が高い方が選ばれます。 バレットとデートしたい場合は、ティファとエアリスの好感度が低い状態でチャプター14を迎えましょう。 全員分のデートイベントを見る方法 全員分のデートイベントを見るには、 クリア後に「チャプターセレクト」を使いましょう。 好感度が反映されるのは、そのチャプターのクリア後なので、選択肢を選んだけで終わらないこと。 1週目で選んだ選択肢を覚えているなら、選択肢を変更したいチャプターだけクリアすればいいです。 体感ですが、ティファとエアリスが同じ好感度の場合は、エアリスが選ばれているような気がします。 ティファと確実にデートしたいなら、エアリスの好感度は最小限にし、ティファの好感度は確実に上げましょう。 まとめ 夜の花畑のやつがデートイベントだったんだなと、自分は後から気付きました 笑 エアリスが出てきたので、これはエアリスのイベントなんだなと思っていましたので。 バレットも含めて見ておくと面白いので、クリア後に全員分のデートイベントを見ておいてください。

次の

デートに誘うときは、選択肢を狭めることを意識してください!

デート 選択肢

復縁を始めても、誘い方を間違えると台無しになってしまうことも… 選択肢を狭めることを意識し、自然な流れで誘うようにしましょう。 メールのやり取りで少しでも警戒心を解くことができていれば、特に誘い方を気にする必要はありません。 食事程度なら断られることなく、気軽に会うことができるでしょう。 でも、まだまだ警戒心が強い場合、たかが食事でも相手は判断を迷ってしまうものです。 「 今さら会うのも気まずいし…」 相手の立場からすると、そういう気持ちもあると思います。 しかし、ハッキリと断る理由もないので、はぐらかされてしまったり、返信がないまま終わってしまうこともあります。 これでは断られているも同然ですね。 そうなると返信を待つしかありませんし、改めて誘うのも難しくなってしまいます。 ただ、できればその状況は避けたい… では、どのように誘えば、断られるリスクを減らすことができるのか? そのときに意識してほしいのが 『 選択肢を狭めること』です。 これについては前にも説明しましたが、もう一度おさらいをしてみましょう。 誘い方で反応が変わってくる 「 勇気を出して誘ったのに、それから返信が途絶えてしまった…」 こういったケースは意外と多く、ここで復縁を諦めてしまう人もいます。 その一番大きな原因として考えられるのは、 『全く関係が作れていないのに、焦って誘ってしまうから』です。 それぞれ状況が違うので、相手の反応を見ながら進めることが大切ですが、「会ってもいいかな」と思ってもらわなければ、どんな誘い方をしても上手くいきません。 相手を迷わせる誘い方 よくあるケースを例として挙げてみましょう。 別に何でもいいんですが、食事が一番誘いやすいですよね? 食事をしながら会話をし、2~3時間程度で別れるのがお互い負担が少なく、自然に過ごせるのではないでしょうか。 では、あなたならどんな風に食事に誘いますか? 『今度久しぶりに食事に行こう』 多分、こんな誘い方をすると思います。 でも、ここまでは問題ありません。 他に誘い方はないので、単刀直入に誘ってください。 ポイントは、このあとの日程を決める段階です。 ほとんどの人が、相手の都合に合わせようとしますよね? 『いつなら都合がいい?』 『都合のいい日を教えて!』 『忙しいと思うから、時間があるときでいいよ!』 どうでしょうか? もちろん相手の都合を優先させるべきなので、必ず空いてる日を聞くべきなんですが… これでは完全に相手を迷わせてしまいます。 会うことすら抵抗があるかもしれないのに、「 いつでもいいよ」というニュアンスで誘ってしまうと、相手に色んなことを考えさせてしまうんです。 『やっぱり気まずいし、会わないほうがいいかも…』 そんな風に思われてしまえば、相手は断ることもできず、そのまま返信がなくなってしまうケースがあるわけです。 あなた: 『今度久しぶりに食事に行こう』 相手: 『いつ?』 あなた: 『いつでもいいよ』 これでは返信がなくても仕方ありません…。 自分から導いて選択肢を狭めること でも、ここで選択肢を狭めることができれば、相手を自然な流れで導くことができます。 『 余計なことを考えさせず、断りにくい状況を作る』という感じでしょうか。 まずは、 あなたが大体の日程を提案するわけです。 そして、その中で都合のいい日を教えてもらうようにしてください。 最初からある程度日程を絞って誘ってもいいですし、「 いつ?」と聞かれたら、「 来週だったらいつが空いてる?」という感じで確認してもいいですね。 こうすることで、相手の選択肢は来週の都合のいい日を考え、あなたに伝えるだけになります。 別れた後って、どうしても気まずさがあるじゃないですか? その状況であなたから誘う以上、相手に全ての決定権を与えると負担になってしまいます。 こんな小さなことでも反応は変わってくるので、常に相手の都合を優先させながらも、 『 選択肢を狭めること』を意識してみてください。 誘い方に関しては、こちらも参考にしてみてください。

次の

ときめきメモリアル攻略メモ デートのマニュアル

デート 選択肢

こんな人にオススメの記事• 女の子をデートに誘いたい• 「いつご飯食べに行く?」とデートに誘ってしまう• 予定が合わなくて、何度も日程を提示したことがある という課題を解決できる記事になっております。 なぜなら営業スキルでもアポ(会う約束)を取る際に使っていた「二者択一法」というスキルは、デートに誘う時においても効果を発揮するからです。 記事の前半では「二者択一法の営業の場面での使い方」について、後半では「そのスキルを応用したデートの誘い方」を紹介していきます。 この記事を読み終えることで、これからはデートを「高確率かつスムーズに」誘うことができます。 「今週末か来週末ならどっちの方が都合いい?」と聞く• 人間の心理的に、選択肢があるとどちらか選んでしまう• 相手が行くことを前提に考えるため断られにくい• スムーズに日程の調整が可能!• 二者択一法は「AとBならどちらの方がいい?」という質問のこと 恋愛の話に入る前に営業の場面でそのように使われているか紹介していきます。 先にこちらを理解されている方が、後々の恋愛パートもより分かりやすくなります。 冒頭でもお話しした通り、このスキルは アポを取る際に効果的な方法です。 なのでテレアポ営業や、飛び込み営業を行なっている人にはドンピシャな内容になります。 これは人間の心理的に、 選択肢を出されるとその中から選ぼうとします。 なので「休みの日に何をしているか?」という質問よりも「インドアかアウトドアどちらか?」と聞いた方が答えやすいのです。 営業の場面に置き換えると… 「お伺いするならいつがご都合よろしいですか?」ではなく、 「 お伺いするなら今週末と、来週末ならどちらの方がご都合よろしいですか?」です。 もし来週と言われれば「では木曜か金曜ならどちら…」と繰り返して日時を確定していきます。 どちらとも都合が悪いなら「では今月と来月」と枠を大きくすればOKです。 その場に応じて質問内容を変えれば、適したアプローチが可能になります。 アポの日時がお客様と合わず「もう面倒だからいいや」と言われる悲劇が…。 せっかく営業かけたのに、その努力が一気に無駄になるのは辛いですよね。 こいう場合は「〇月〇日はいかがですか?」という質問を繰り返してしまうからです。 自分が営業を受ける立場なら、面倒な気持ちも分かりますよね…。 ですが、二者択一法ならこのトラブルも避けられます。 これなら、せっかく取れそうなアポが白紙に戻ることはないですよね。 電話に出ても営業と分かれば即切られる• 要件を話しても「必要ない」と切られる• 日程が合わなかったから断られる なので矢印を超えるごとに、人数が減っていきます。 「たかが1つ…」と思うかもしれません。 ですが「会うことの承認」が1番断られるので、ここをカットできるとアポ取得件数はかなり変わってきます。 【営業スキルで恋愛攻略】二者択一法でデートに誘う それでは「二者択一法」を使ってデートに誘う方法を紹介していきます。 営業パートを読んでいる人であれば、大体想定できるかもしれません。 ですがさらに理解して、すぐに行動できるように実際の会話調でまとめていきます。 相手の返答によって変える部分はありますが、大きな流れは上記のようなイメージです。 補足しておくと「今月か来月か」の返答をしている時点で、 行く前提の話になっています。 ここでどちらか選択した時点で、8割は完了したと思っていいです。 どうですか? そんなに難しいテクニックは不要ですよね。 まとめ 今回は「デートに誘う」という目的から二者択一法を紹介しました。 ですが、まだまだ応用方法はいくらでもあります。 食べたいのは肉か魚か• 2軒目はBARかカラオケか• カラオケに行くかホテルに行くか… おっと失礼…(笑) なので自分の目的を達成できるような質問を投げかけてみてください。 あなたが一歩踏み出すのを応援します。

次の