全国 高校 選抜 陸上。 全国高等学校陸上競技選抜大会

全国高校陸上競技選抜大会 2019 結果・速報(リザルト)

全国 高校 選抜 陸上

photo• スポーツ 太田雄貴会長がエール「勝負は1年1カ月先だよと」 []• スポーツ [6月25日 13:30]• バスケットボール [6月25日 13:21]• 東京オリンピック2020 [6月25日 12:38]• スポーツ [6月25日 12:22]• バスケットボール [6月25日 10:54]• テニス [6月25日 10:00]• テニス [6月25日 8:27]• テニス [6月25日 8:27]• コラム [6月25日 8:00]• 自転車 [6月25日 7:00]• テニス 国枝慎吾、ダニエル太郎ら出場親善試合を無料生配信 []• テニス [6月25日 10:00]• テニス [6月25日 8:27]• テニス [6月25日 8:27]• テニス [6月24日 19:35]• テニス [6月24日 13:49]• テニス [6月24日 10:15]• テニス [6月24日 8:35]• テニス [6月24日 8:20]• テニス [6月24日 0:46]• テニス [6月22日 8:59]• 陸上 五輪マラソン代表服部、網走大会1万mにエントリー []• 陸上 [6月24日 10:00]• 東京オリンピック2020 [6月23日 18:21]• 陸上 [6月23日 16:44]• 陸上 [6月23日 8:44]• 陸上 [6月22日 19:29]• 陸上 [6月22日 15:52]• 陸上 [6月22日 14:52]• 陸上 [6月22日 14:04]• 陸上 [6月20日 6:00]• 陸上 [6月19日 16:12]• フィギュア フィギュア竹内洋輔強化部長を承認 副部長から昇格 []• フィギュア [6月24日 18:09]• フィギュア [6月24日 16:02]• フィギュア [6月24日 10:46]• フィギュア [6月23日 10:22]• フィギュア [6月20日 10:03]• フィギュア [6月20日 1:28]• フィギュア [6月19日 17:16]• フィギュア [6月19日 14:37]• フィギュア [6月19日 10:21]• フィギュア [6月18日 14:19]• バレー ロンドン五輪銅メンバー、久光製薬の新鍋理沙が引退 []• バレーボール [6月21日 8:17]• バレーボール [6月20日 19:12]• バレーボール [6月20日 17:32]• バレーボール [6月14日 9:09]• バレーボール [6月13日 20:09]• バレーボール [6月13日 19:16]• バレーボール [6月11日 19:45]• バレーボール [6月11日 13:45]• バレーボール [6月10日 18:12]• バレーボール [6月2日 19:29]• バスケ 富永啓生「NBAに行きたい」米2年目、熱く語る []• バスケットボール [6月25日 13:21]• バスケットボール [6月25日 10:54]• バスケットボール [6月24日 19:29]• バスケットボール [6月24日 16:03]• バスケットボール [6月24日 13:11]• バスケットボール [6月24日 11:20]• バスケットボール [6月23日 19:44]• バスケットボール [6月23日 19:39]• バスケットボール [6月23日 17:22]• バスケットボール [6月23日 16:14]•

次の

全国高校陸上競技選抜大会 2019 結果・速報(リザルト)

全国 高校 選抜 陸上

概要 [編集 ] では実施されないの普及・強化を図るとともに、インターハイやオリンピックで実施されない特殊種目も実施し、優秀な人材に新たな挑戦の場を与える目的で2013年に新設された。 大会に出場するにはが定めたを破る必要があるが、専門外の種目にも挑戦できるように参加標準記録が設定されている。 前身の大会として、1989年~2000年に掛けて、同様にインターハイ未実施種目であった女子400mH、競歩、混成、長距離 男子10000,女子5000m の全国高校選手権が実施されていた。 長距離を除く各種目のインターハイ本大会採用をもって大会は終了した。 現在の大会は毎年8月下旬にので開催され、「もう一つのインターハイ」とも呼ばれる。 第1回大会の実施種目は7種目(男子の・、女子の・・・・)だけだったが、徐々に種目も新設され増えていった。 第1回大会から実施されていた女子の棒高跳・三段跳・ハンマー投は、2017年からインターハイの実施種目となった。 第6回大会では22種目まで増えたが、スプリントトライアスロンなどの特異種目が新設されるなど、実施される種目も大きく変わった。 大会一覧 [編集 ]• 開催場所は全て 回 開催日程 新設種目と廃止種目 結果 1 2013年8月31日 - 9月1日 2 2014年8月30日 - 8月31日 (新設)男女300m・2000m障害 3 2015年8月29日 - 8月30日 (新設)男女300mハードル・3000m競歩 4 2016年8月27日 - 8月28日 5 2017年8月26日 - 8月27日 6 2018年8月25日 - 8月26日 (新設)男女スプリントトライアスロン・600m・砲丸投げ、男子3000m・110mMH・二段跳び・五種競技、女子2000m・100mYH・四段跳び・四種競技 (廃止)男女300m、男子10000m・八種競技、女子5000m・三段跳・七種競技 実施種目と大会記録 [編集 ]• 種目欄の太字は実施種目、*は実施種目を意味する(男子110mHと女子100mHは別規格)。 男子 [編集 ] 種目 記録 選手 所属 年 備考 スプリントトライアスロン (・・) * 300mハードル 36秒41 山内大夢 2017年 5分44秒00 濱田和浩 2014年 12分14秒64 古賀友太 2017年 二段跳び * (・・砲丸投・・) 女子 [編集 ] 種目 記録 選手 所属 大会 備考 スプリントトライアスロン (・・) * 300mハードル 41秒48 関本萌香 2017年 6分36秒81 島田美穂 2014年 13分07秒28 藤井菜々子 2017年 四段跳び * 3m95 青柳有香 2016年 * * 54m90 関口清乃 2015年 (100mH・・砲丸投・) 廃止種目と大会記録 [編集 ] 男子 [編集 ] 種目 記録 選手 所属 年 実施年 33秒06 鵜池優至 2016年 2014年 - 2017年 * 29分30秒99 太田智樹 2015年 2013年 - 2017年 6077点 田上駿 2013年 2013年 - 2017年 女子 [編集 ] 種目 記録 選手 所属 年 実施年 38秒26 松尾季奈 2017年 2014年 - 2017年 * 15分49秒85 小笠原朱里 2017年 2013年 - 2017年 * 12m51 奥村彩音 2016年 2013年 - 2017年 * 5475点 2014年 2013年 - 2017年 大会から誕生した日本記録 [編集 ] 女子は非公認種目のため日本最高記録 回 種目 記録 選手 所属 樹立年月日 2 女子 6分36秒81 島田美穂 2014年8月31日 脚注 [編集 ]• 2013年3月14日. 2017年10月28日閲覧。 , 174 2017年10月28日閲覧• 2017年8月24日. 2017年10月28日閲覧。 2015年9月2日. 2017年10月28日閲覧。 , 845 2018年5月5日閲覧• , 2. 6 2017年10月28日閲覧• , 359 2017年10月28日閲覧• , 594 2017年10月28日閲覧• , 451 2017年10月28日閲覧• , 412 2017年10月28日閲覧 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の

全国の中学・高校生対象にバーチャル陸上 動画と記録アップし記憶に残す(2020年6月22日)|BIGLOBEニュース

全国 高校 選抜 陸上

2018年の全国高校総体総合開会式。 主催の三重県の高校生375人が歓迎パフォーマンスを繰り広げた=三重県伊勢市朝熊町の県営サンアリーナで2018年8月1日午前11時37分、尾崎稔裕撮影 新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止になった全国高校総合体育大会(インターハイ)陸上競技と全日本中学陸上選手権大会に代わる大会として、全国の高校生や中学生が動画と記録を専用サイトにアップして参加できるバーチャルレース「バーチャル ディスタンス チャレンジ」(略称バーチャレ)が8月に開かれる。 「記録を記憶に残す夏。 」をスローガンに元五輪選手らが運営委員会を作って主催する。 全国ランキングを出すのに加え、練習の成果を発表し、仲間と時間を共有する機会にするなど思い思いの形で関われる場にする。 大会の代表発起人は、陸上男子800メートルの前日本記録保持者でロンドン五輪出場の横田真人さん(32)=陸上クラブ「TWOLAPS TC」代表。 U18日本選手権やジュニアオリンピックなど一部のトップ選手が参加できる大会は今後開催予定だが、横田さんは「AO入試や推薦のための大会として語られることに違和感がある。 それ以外の部活をするマジョリティーの生徒を大事にしたい」と企画した。 自身は高校3年生の時、インターハイの800メートルで優勝した。 当時は日本一になることがすべてだと思っていたが「今思うとコーチやチームメートがいてみんなの思いが詰まった大会だった。 単に日本一を決める大会ではない」と気づいた。 ランキングは出すが記録、数字は目的の一つにすぎないとの思いを込めて、スローガンに「記録」と「記憶」を盛り込んだ。 今後、他の種目を専門とした人の協力を得て種目を増やしていきたいという。 大会期間は8月14〜23日で、7月20日以降に撮影・測定したレース動画とタイムが有効。 参加無料。 システムの開発などにかかる経費300万円を、7月1日から始めるクラウドファンディングで調達する。 今後、大会ホームページ(https://virtualrace.jp/vdc2020)などで随時、情報を公開する。 【荻野公一】.

次の