スカーレット キャスト。 朝ドラ【スカーレット】のキャストとあらすじ!戸田恵梨香ヒロイン抜擢の理由は?

スカーレット|松永三津(みつ)役は黒島結菜【八郎の浮気相手か?】|Lyfe8

スカーレット キャスト

読み方:にしかわ たかのり 生年月日:1970年9月19日 出身地 :滋賀県野洲郡野洲町(現・野洲市) 出生地 :滋賀県彦根市 身長:161cm 血液型:A型 スカーレットあらすじ 2019年10月期の朝ドラ『スカーレット』は、オリジナル脚本のストーリーです。 主人公の川原喜美子のモデルは、陶芸家の神山清子(こうやま きよこ)さんと言われています。 神山清子さんは、長崎県佐世保市の出身で、古信楽の再現に成功した陶芸家です。 息子さんが白血病になったため、骨髄バンクの必要性を訴える活動を始めたことでも有名です。 戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、 絵が得意な女の子。 名前は川原喜美子。 両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。 15歳になった喜美子は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめる。 大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させる。 3年後に信楽に戻った喜美子は、地元の信楽焼にひかれ、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込む。 やがて愛する男性と結婚し、息子を授かり、仕事にも家庭にもまい進する日々が始まる。 相変わらずの貧乏だが、夫や息子のかたわらで、大好きな陶芸にいそしむ喜美子。 だが、幸せなはずの生活は思惑どおりにはいかず、大きな波乱が彼女を待ち受けている。 どんなにつらいことがあっても、陶芸への情熱は消えることがない。 喜美子は自らの窯を開き、独自の信楽焼を見出していく。 スカーレット相関図 主人公の川原喜美子の家族と信楽の人たちの相関図です。 川原家は、貴美子を筆頭に三姉妹でそれぞれ個性的な女性のようですね。 また、なにやら謎の男も登場します。 2019年10月からの朝ドラも楽しみです!.

次の

スカーレット|松永三津(みつ)役は黒島結菜【八郎の浮気相手か?】|Lyfe8

スカーレット キャスト

スポンサーリンク 朝ドラ スカーレット キャスト相関図と 結婚相手についてとあらすじ、実在モデルについてまとめてます。 NHKの朝の連続テレビ小説の第101回目の作品として発表されたのが 「スカーレット」です。 この作品は、2019年9月30日から翌年2020年の3月28日まで放送が予定されているもので、主演は戸田恵梨香さん。 朝の注目作品「スカーレット」についてキャストやあらすじ、気になる結婚相手を調べてみました。 実際のモデルとNHK公式ページからこの人が結婚相手になるという人がいたので,ぜひ読んでみてください! スカーレットは2019年9月30日から2020年3月31日まで放送される予定となっています。 現在主演の戸田恵梨香さんのみが発表されていますが、戸田さんの経歴を説明しながら、作品に登場するであろう役どころについてもまとめていきます。 第二次世界大戦ののち大阪から滋賀県に移り住んだ少女の役になります。 陶芸の世界に身を置き、成長していく姿を作中で見せてくれるはずです。 主演を演じる戸田恵梨香(とだ えりか)さんは、兵庫県神戸市出身で1988年8月17日生まれの女性です。 その後2006年6月公開の映画、「デスノート」で映画初出演(ヒロイン弥 海砂役)し、各方面で活躍している女優さんです。 政府やJRなどいわゆるお堅いポスターの起用も多く、真面目な役も似合う女優さんです。 身長は164センチとやや高めの方で、作中でも男性中心の陶芸の世界で凛として輝く存在を演じてくれるのではないでしょうか。 作中で予想される役柄ですが、以下の人物が予想されます。 その1:青年陶芸家 同じ信楽で陶芸の世界に身を置き、主人公川原喜美子と結婚する役柄です。 かなり重要な役柄ですから注目されますよね。 この人にぴったりな方がいたので考察していきます。 その2:息子 作中で別れてしまう設定なので、長い期間登場はしませんが、注目の実力派子役が起用される可能性が高いと言えますね。 その3:その他のキャスト 恐らく注目されるのが、男の世界で意地悪をする陶芸家の役です。 主人公に意地悪をする役なので、世間からのバッシングを受けかねないキャストです。 ある意味割り切って演じられる人物が起用される可能性が高いですね。 もちろん逆の役を演じる主人公喜美子を支えるキャストたちも注目です。 【川原家の人々】 ヒロイン・川原喜美子・・・戸田恵梨香さんのプロフィール詳細 生年月日 1988年8月17日 30歳 出身地 兵庫県神戸市 身長 164 cm 血液型 AB型 職業 女優 事務所 フラーム 戸田恵梨香さんは、2006年6月公開の『 デスノート』で 映画初出演を果たすと、 その可愛さから注目を集めます。 有名な作品に、フジテレビ系の『 LIAR GAME』 2007年、2009年 や、『 コード ・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』シリーズ 2008年、2009年、2010年、2017年 、 があります。 朝ドラには、2000年放送の『オードリー』第3話でちょい役として出演。 本格的な朝ドラ出演は、今回が初めてです。 戸田恵梨香さんがキャストに選ばれた川原喜美子は、昭和12年 1937年 に大阪で 3人姉妹の長女として生まれます。 9歳で滋賀県・信楽に移り住み、幼い頃から一家を支える働き者の女の子。 地元の信楽焼にふれて育ちますが、戦後の復興著しい大阪で、多感な時期を 過ごします。 信楽に戻ったのち、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んで、女性陶芸家の草分け として歩み始めます。 やがて自らの窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘することに。 また、結婚して2児の母となる一方で、愛情をこめて多くの弟子を育てていきます。 陶芸にかける情熱は誰にも負けません。 細かいことにこだわらない、お人よしな性格で、周囲に頼られています。 特技は絵と柔道。 nhk. html? その後も数々の作品に出演し、最近話題となったのが、2018年にテレビ朝日系 で放送された『 おっさんずラブ』の牧凌太 役で、今年の8月23日には同作品の 映画も公開予定です。 林遣都さんは、朝ドラには2016年に放送された『 べっぴんさん』 以来の出演と なります。 林遣都さんがキャストに選ばれた大野信作は、喜美子の同級生で、信楽にある 大野雑貨店の一人息子です。 喜美子たち川原家の住まいを、両親が世話したことから知り合いました。 幼い頃から器量がよく、同級生の照子は盛んにアピールしてきますが、信作は ピンときていない様です。 喜美子とは正反対の、気が弱く引っ込み思案な性格をしています。 喜美子が大阪から戻ってくると、思わぬ変化をとげており、驚かせることに。 —— 公式ページ説明では以上でしたので、 「驚かせることに。 evergreen-e. 2008年にフジテレビ系の『 ハチワンダイバー』で ドラマ初主演を果たします。 また、フジテレビ系で放送されたドラマ『 赤い糸』 2008年-2009年 は話題と なり、2008年に公開された映画『 赤い糸』で、2010年には 第33回日本 アカデミー賞 新人俳優賞を受賞しました。 朝ドラには、初出演となっています。 溝端淳平さんがキャストに選ばれた酒田圭介は、喜美子が働く大阪の下宿屋に 住む医学生。 育ちが良く、真面目な青年で、下働きとして頑張る喜美子に、とても優しく してくれます。 喜美子にとっては兄のような存在でしたが、ひょんな出来事から思いがけず 恋の相手になるようです。 と公式ページにのっていたので、恋には発展するようです。 twitter. 朝ドラには初出演となっています。 特技趣味 料理、ダンス [主な出演作品 TV ] もう一度君にプロポーズ 2012年 、家族の裏事情 2013年 、トクホウ警視庁特殊防犯課 2014年 、サバイバルウエディング 2018年 、レ・ミゼラブル終わりなき旅路 2019年 、ラジエーションハウス 2019年 [主な出演作品 映画 ] ラララ・ランドリー 2013年 、Bの戦場 2019年 ・松下洸平さんがキャストに選ばれた 十代田八郎は、喜美子が陶芸の会社に勤める ようになった後に知り合う、大阪出身の若い陶工です。 京都で陶芸を学んで信楽にやって来ました。 真面目な性格をしていますが、どこか謎めいたところのある青年で、喜美子の 陶芸と人生に、大きな影響を与えることになります。 と公式ページから発表されてます。 そして スカーレットのヒロイン喜美子のモデルと言われる神山清子さんの結婚相手は陶芸家なので、 大きな影響を与えることになります。 とNHK公式からにでてるということで現在のところ結婚相手ナンバーワンとみて間違いなさそうです。 そしてここだけの話、ヒロインの実在話では夫が女を別のところで作って不倫してしまい、離婚。 二人の間にできた一人の子どもをヒロインが引き取るという形になってます。 この「謎めいたところのある青年」というのがこの不倫のフラグになっているのではと考えてます。 その清子さんの旦那さんになった人は神山易久さんなので、易久さんが十代田八郎の実モデルと言えます。 神山易久さんは曾祖父が陶器に携わり、祖父が陶土に携わっていた陶芸が身近にある環境で育っています。 清子さんは易久さんが中学時代の1年後輩でしたが、美術コンコールで清子に勝てないことを気にしていました。 易久さんは中学を卒業し、滋賀県立職業訓練所を経て丸熊陶業のモデルとなっている近江化学陶器で働きはじめます。 そして後から近江化学陶器に入ってきた清子さんと再会して恋に落ち結婚しました。 ふたりは、近江化学陶器で共働きをしながら2人の子宝に恵まれます。 その後、清子さんは会社を辞め独立し、易久さんは日本陶器へと転職しましたが、ここも4年で辞めて清子と寸越窯を築窯したのでした。 しかし、不倫が発覚し喜美子さんと離婚して家をでました。 その後、易久さんは鹿背窯を築窯して須恵器の研究を進めて、信楽焼の大家として世界をまたにかけての活躍をしています。 <十代田八郎の役柄とは?> 熊谷敏春は社長に秀男が絵付け火鉢につづく製品開発のため引っ張ってきた、経理にも長け、芸術にも陶芸にも詳しい男です。 その敏春は秀男の命である商品開発部門の人材として、新たに3人の若い新人を雇い入れます。 そのうちのひとりが十代田八郎で、大阪出身で美術大学を卒業していました。 学生にも陶芸を教えた経験のある八郎は将来的に自分で作陶し独立したいと思っていました。 喜美子がそんな八郎と接したのは、幼馴染の信楽役場で働く信作が火祭りのポスターを丸熊陶業の中で貼るのを手伝っていた時です。 「火祭りと云うのは火の神様に感謝する信楽ならではの夏祭りです!焼き物を作るのに火は欠かせない大切なものだから、、、」 喜美子は通りかかった八郎にそう説明したのでした。 そんな喜美子に自分は信楽の素朴な土の感触が好きなんだと八郎は笑顔で応えたのでした。 一方、八郎は新しくきた絵付師の深野心仙に対して自分のなかに負い目を感じていました。 それは、かつて八郎の実家に飾られていた、祖父の形見でもあった深野の日本画を戦後の食糧難のときに闇市で食料に替えてしまっていたのです。 そして良心の呵責に耐えられなくなった八郎は深野の部屋を訪れてすべてを話して頭を下げて詫びたのです。 それを聞いていた喜美子は、仕事が終って家に帰ったあとで時間をみつけて、八郎が説明した絵の構図を想像しながら描いたのでした。 翌朝、喜美子よりはやく出勤した深野は、八郎を見つけて自分が描いた絵を渡します。 「君が言っていたお爺さんの風景画は、こんな感じじゃなかったのかな?」 それを見て感極まる八郎。 その後、深野のことを何も知らない喜美子からも八郎に風景画が渡されます。 八郎は深野のことには一切触れずに、喜美子の描いた風景画も喜んで受け取ったのです。 深野が丸熊陶業を去って、喜美子は一人前の絵付師として認められます。 そして、秋が深まる頃に新しい絵付け火鉢の試作品が出来上がってきます。 それを、喜び勇んで八郎にも見せた喜美子。 「いとおしいですね!? 」 なんと八郎は喜美子が最初に感じたことと同じ感想を漏らしたのです。 その頃から、喜美子は八郎の作陶に興味を持ち始めていました。 喜美子が八郎の作業を見ていると八郎から話しかけられます。 「川原さんはお見合い大作戦に参加しないの?」 それを言われた喜美子は何のことかわからず訊き直します。 信楽役場に勤める信作が中心となって若い人を集めて集団見合いをすると言うのです。 それを聞いた喜美子は馬鹿げたことを止めさせようと信作を訪ねますが、逆に参加を依頼されてしまう始末でした。 その後、喜美子から作陶を教えて欲しいと言われて躊躇する八郎でしたが、喜美子は付き合えば良いと意に介しません。 そして自分が拾った緋色の信楽の欠片の話を喜美子から聞いた八郎は是非見てみたいと言い出します。 喜美子は八郎を家に連れていって欠片を見せることにしました。 「本当に綺麗ないろだなぁ、、、二度と出せない自然の色だ!」 緋色の欠片をみて感激した八郎は、その後お見合い大作戦に参加するとして川原家を出ていきます。 その様子を見ていたマツは、喜美子に八郎を追いかけるなら今しかないと背中を押します。 「いかないで、、、好きなの、、、あなたの事が、、、」 それを聞いた八郎は喜美子をそっと抱き寄せました。 しかし、その様子をたまたま見てしまった常治が激昂します。 はじめは、猛反対していた常治は八郎が陶芸展で賞を取る事を条件に認めると言い出します。 八郎は大鉢を出品すると決めますが中々思うような作品が出来上がりません。 そんな状況でも作品の出品期限である1月末だけが容赦なく近づいてくるのでした。 from1-pro. php? その色気にメロメロにされた女性も多いのではないでしょうか。 また、北村一輝さんはNHK大河ドラマには2001年放送の『北条時宗』や2009年 放送の『天地人』に出演されていますが 、 朝ドラには今回が初出演となります。 北村一輝さん演じる川原常治は、喜美子の父で大阪出身。 小学校を卒業後、商家に丁稚奉公に出ます。 両親はすでに亡く、兄二人も戦争で失ってしまいます。 山っ気があり、戦前からいろいろな商売に手を出してきましたが、すぐに見栄を 張って酒をふるまう癖と、困った人を見捨てておけない人のよさで、金が全く 身につきません。 昭和22年 1947年 、借金から逃れるため、つてを頼りに一家で信楽へ移り、 上り調子の窯業で、運搬の仕事を始めます。 亭主関白の一面があり、3人の娘はこよなく愛していますが、その躾は厳しい。 喜美子の明るさと楽天家は父親譲りのようです。 amuse. 富田靖子さんがキャストに選ばれた川原マツは喜美子の母です。 大阪・八尾の大地主の娘で、商売で実家に出入りしていた常治と、駆け落ち 同然で結婚しました。 マツは穏やかでおっとりした性格をしており、常治がすることをニコニコと 受け入れ、文句も言わずに信楽についていきました。 少々体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしています。 和洋裁の腕があり、学問もできます。 実はパワ一を秘めているような一面も。 喜美子の情の深さと粘り強いところは、母親から受け継ぎました。 5 cm 血液型 O型 職業 女優 事務所 スウィートパワー 桜庭ななみさんは、2018年に放送されたNHK大河ドラマ『 西郷どん』に出演 されていましたが、 朝ドラには今回が初出演となっています。 桜庭ななみさんがキャストに選ばれた川原直子は、川原家の次女です。 3歳のときに空襲で1人取り残された記憶がトラウマになっています。 わがままで自由奔放な性格をしていて、家の手伝いは大嫌い。 喜美子と自分を比べ、どうも損をしているような気がしています。 早々に信楽を飛び出してしまいますが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、 喜美子にトラブルを持ち込んでくるようです。 flamme. php? 朝ドラには、初出演となっています。 福田麻由子さんがキャストに選ばれた川原百合子は、川原家の三女です。 大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ち。 母親の優しくて穏やかな性格を、3姉妹の中で1番受け継いでいます。 直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、よき相談相手です。 k-factory. 佐藤隆太さんは、 朝ドラには初出演となっています。 佐藤隆太さんがキャストに選ばれた草間宗一郎は、常治が信楽に連れてきた男で、 川原家に居候しています。 戦時中は満州で働いていましたが、日本で空襲に遭い、行方不明になった妻を 探しています。 なお、幼い喜美子にも温かく真摯に接してくれ、柔道の心得があったことから、 信楽の子ども達は宗一郎から柔道を教わることに。 信楽を去った後も、折に触れて喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけに なることもあるようです。 ohtapro. html 生年月日 1988年10月17日 30歳 出身地 栃木県 身長 152 cm 血液型 B型 職業 女優 事務所 太田プロダクション 大島優子さんは、元AKB48のメンバーです。 女優としての主な作品としては、2012年公開の映画『 闇金ウシジマくん』で は、 第36回日本アカデミー賞 話題賞 俳優部門 、2014年公開の映画『 紙の月』 では、 第38回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞を受賞しています。 朝ドラには『 あさが来た』 以来の出演となります。 大島優子さんがキャストに選ばれた熊谷照子は、喜美子の同級生で、信楽で1番 大きな窯元「丸熊陶業」のお嬢様。 三味線や日本舞踊の稽古に余念がありません。 プライドが高く勝ち気な性格をしているため、ちやほやされるわりに友達が 出来ません。 転校生の喜美子には興味津々で、柔道まで一緒に習うことになりますが、喜美子 とは仲が良いのか悪いのかわからない、不思議な関係です。 兄が戦死したために婿を取ることが決まっていて、家業を盛り立てようと 奮闘することになります。 ken-on. また、朝ドラには、『 こころ』 2003年 、『 カーネーション』 2011年 、 『 ごちそうさん』 2013年 に続き、 4作目の出演となります。 財前直見さんがキャストに選ばれた大野陽子は、信作の母で、信楽の商店街に ある大野雑貨店を切り盛りしている人物です。 祖母の住まいだった空き家を、川原家に提供してくれ、それ以来、マツの良き 友人となり、3姉妹にも何かと気遣いをしてくれます。 おおらかな性格をしており、息子の信作が少々頼りないのを心配していますが、 行く末を楽しみにしています。 app. goo. 9 -刑事専門弁護士-』シリーズ 2016年、2018年 など 名脇役として、 ジャンルを問わず、様々な作品に出演しています。 さらに、大ヒットとなった朝ドラ『 あまちゃん』にも出演しており、今作が 朝ドラ2作目の出演となります。 マギーさんがキャストに選ばれた大野忠信は、大野雑貨店の店主で信作の父。 妻の陽子と2人仲良く店を切り盛りしています。 喜美子の父である常治に戦地で助けられたことから、恩義を感じ、信楽での 仕事を世話するようです。 川原家が信楽に馴染めるよう、さりげなく心を尽くしていきます。 常治の良き飲み仲間でもあります。 nhk. 朝ドラには、初出演となっています。 水野美紀さんがキャストに選ばれた庵堂ちや子は、喜美子が働くことになる 大阪の下宿屋で知り合った、女性新聞記者です。 大雑把で身の回りのことに関しては全く構わないのですが、仕事には真剣に 取り組みます。 喜美子の良き友人となり、女性が職業を持って生きることについて、大きな影響 を与える人物です。 やがて喜美子に触発されるように、新たな道へ進むことに…。 yahoo. 最近は俳優としても活動しており、2016年に放送された日テレ系ドラマ 『 ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』や、2017年放送の大河ドラマ『 おんな城主 直虎』にも出演しています。 朝ドラには、『 ごちそうさん』 2013年 以来、 2作目の出演となります。 木本武宏さんがキャストに選ばれた田中雄太郎は、喜美子が働く大阪の下宿屋に 住む男性。 市役所勤めを辞めてしまい、めったに自室から出て来ず、下宿代もたまって いる様です。 実は映画俳優に憧れていて、端役への挑戦を続けています。 すっとぼけた物言いで、いつも喜美子を癒やしてくれる存在です。 toho-ent. 羽野晶紀さんは、朝ドラには1990~91年に放送された『 京、ふたり』以来、 18年ぶりの出演となります。 羽野晶紀さんがキャストに選ばれた荒木さだは、大阪市内の下宿「荒木荘」の 女主人。 戦後、女性のファッションの変化に目をつけ、ブラジャーなどの女性下着の デザインを始めます。 一方で実家を下宿屋として改装。 やがて親戚の喜美子が女中として働くことになります。 進歩的だが、お嬢様育ちの一面もある女性のようです。 goo. html 生年月日 1951年7月17日 67歳 出身地 大阪市住吉区 身長 162 cm 血液型 A型 職業 女優、声優、ナレーター 事務所 米朝事務所 三林京子さんは1975年に、NHKの大河ドラマ『 元禄太平記』で、 テレビ デビューを果たします。 また、大河ドラマには『 八代将軍吉宗』 1995年 、『 葵 徳川三代 』 2000年 にも出演されました。 朝ドラには、『 いちばん太鼓 』 1985年 、『 ぴあの』 1994年 、『 ふたりっ子』 1996年 、『 オードリー』 2000年 、『 ファイト』 2005年 、『 だんだん』 2008年 、『 カーネーション』 2012年 以来、 驚きの7作目の出演となります。 三林京子さんがキャストに選ばれた大久保のぶ子は、若い頃から、さだの実家で 鍛えてきた、女中業のスペシャリスト。 今は近所に住んでいて、荒木荘に手伝いにやって来ます。 最初は喜美子のあまりの若さに反対しますが、その頑張りを次第に認め、 女中としてのノウハウを教えてくれるようになります。 厳しいが、おちゃめな一面もあるようです。 google. asahi. html 生年月日 1970年9月19日 48歳 出身地 滋賀県野洲郡野洲町 現・野洲市 身長 161 cm 血液型 A型 職業 ミュージシャン、歌手、作詞家、俳優、声優 事務所 ディーゼルコーポレーション 西川貴教さんは、1996年5月にソロプロジェクトである T. Revolutionとしての 活動を開始。 代表曲は、『 WHITE BREATH』 1997年 や『 HOT LIMIT』 1998年 が挙げられます。 俳優としては、2000年に放送されたTBS系ドラマ『 ビューティフルライフ』に 出演されています。 また、西川貴教さんと言えば、エステーの『 消臭力』のCMで誰もが1度は 見たことがあるでしょう。 西川貴教さんは、 朝ドラには初出演となっています。 西川貴教さんがキャストに選ばれたジョージ富士川は、フランスの美術学校に 留学経験を持っています。 こてこての大阪ことばが特徴で、口癖は「自由は不自由やで!」だそうです。 喜美子とは、大阪での出会いは一瞬のようですが、信楽で思いがけない再会を 果たし、信楽に新しい風を吹きこむことに。 NHKの大河ドラマには、『 独眼竜政宗』 1987年 、『 炎立つ』 1993年-1994年 、 そして、現在放送されている『 いだてん〜東京オリムピック噺〜』にも、 関東大震災時に尽力した永田秀次郎役として出演されました。 また、朝ドラには『 凛凛と』 1990年 、『 つばさ』 2009年 、『 まんぷく』 2018年 に続き、 4作目の出演となります。 イッセー尾形さんがキャストに選ばれた深野心仙は、喜美子の師となる信楽焼の 火鉢の絵付け師であり、日本画家でもあります。 とらえどころのない、ユーモラスな人物で、喜美子を大いに戸惑わせますが、 実は心に秘めた、創作への強い思いがあるようです。 第101作目となる朝ドラ『 スカーレット』ですが、いつもの朝ドラに負けず 劣らず、豪華な俳優・女優陣が登場予定となっていますね。 私は林遣都さんの演技が好きなので、朝から見ることが出来て、幸せです。 一方で、西川貴教さんや木本武宏さんなど、あまりドラマには出演されていない 方も抜擢されているので、どんな演技をされるのか、楽しみにしています。 現在、放送中の朝ドラ『なつぞら』にも、千鳥のノブさんや麒麟の川島明さん が出演されていますが、2人とも良い味を出していると思うので、西川さんや 木本さんも独特な演技をして欲しいと思います。 2019年下半期から始まる朝ドラ『スカーレット』。 今後の情報からも目が離せません。 スカーレットのあらすじについて スカーレットのあらすじですが、舞台は第二次世界大戦後の滋賀県です。 戦後大阪からたぬきの置物などで有名な信楽に移住してきた少女川原喜美子が当地の名物であった信楽焼の世界に惹かれ、男の世界とも言われる陶芸の世界へ飛び込むことから話がスタートします。 昭和の時代、男尊女卑の風潮があった日本社会においても更に男尊女卑の著しい職人の世界である陶芸の世界に身を置くことから様々な苦労を乗り越えて、女性陶芸家として独自の世界を切り拓いて行くという話になります。 e-shigaraki. jpg スカーレットの実在モデルについて 朝の連続テレビ小説には多くの場合、実際の人物がモデルになっています。 かつて「カーネーション」(2011年度下半期)では、コシノ三姉妹のお母様、デザイナーの小篠綾子さんがモデルになったのは有名ですよね。 今回のドラマでは、実在する 陶芸家の神山清子(こうやま きよこ)さんがモデルになっています。 神山さんは長崎生まれで、投機の絵付け助手からキャリアをスタートさせ、若干27歳で独立し、途絶えていた古信楽の際現に成功させて、その名を知らしめました。 当時から女性差別の激しい陶芸の世界に身を置き、穢れるということから窯を焚く作業をさせてもらえなかったと言う体験をします。 また、息子を白血病で失ったことがきっかけで骨髄バンクの設立にも奔走するようになりました。 陶芸の世界だけでなく、あらゆる世界へ挑戦する活動的な女性です。 e-shigaraki. jpg 個人の感想とまとめ 女性の社会進出が著しい昨今において、頑張る女性を応援する作品になりそうですね。 未だに根強い男尊女卑の風潮が残る日本社会で頑張る女性に元気を与えるような作品になると良いですね。

次の

スカーレットのキャストで関西出身なのは誰?出演者の出身地をまとめて紹介 | drama box

スカーレット キャスト

2019年度後期 連続テレビ小説【第101作】 スカーレット 連続テレビ小説101作目『スカーレット』は 焼き物の里・信楽(しがらき)に生きる女性陶芸家の波乱万丈な物語。 モノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず生きていきます。 強くて明るくてお人よし、そして働き者のヒロイン・喜美子。 そんな愛情深いヒロインをとりまく家族や友人、個性豊かな人たち。 三人姉妹の長女。 9歳で滋賀県・信楽に移り住み、幼い頃から一家を支える働き者の女の子。 地元の信楽焼にふれて育つが、戦後の復興著しい大阪で、多感な時期を過ごす。 信楽に戻ったのち、男性ばかりの陶芸の世界に飛び込んで、女性陶芸家の草分けとして歩みはじめる。 やがて自らの窯を持ち、独自の信楽焼を生み出そうと奮闘する。 また、結婚して二児の母となる一方で、愛情をこめて多くの弟子を育てていく。 陶芸にかける情熱は誰にも負けない。 細かいことにこだわらない、お人よしな性格で、周囲に頼られる。 特技は絵と柔道。 【ヒロイン喜美子の家族】 喜美子の父・川原常治(かわはら じょうじ) 北村一輝 【連続テレビ小説初出演】 大阪出身。 小学校を卒業後、商家に丁稚奉公に。 両親はすでに亡く、兄二人も戦争で失っている。 山っ気があり、戦前からいろいろな商売に手を出してきたが、すぐに見栄を張って酒をふるまう癖と、困った人を見捨てておけない人のよさで、金が全く身につかない。 昭和22年、借金から逃れるため、ツテを頼りに一家で信楽へ。 上り調子の窯業で、運搬の仕事を始める。 亭主関白の一面があり、三人の娘はこよなく愛しているが、しつけには厳しい。 喜美子の明るさと楽天家は父親譲り。 喜美子の母・川原(かわはら)マツ 富田靖子 大阪・八尾の大地主の娘。 商売で実家に出入りしていた常治と、駆け落ち同然で結婚した。 穏やかでおっとりした性格。 常治がすることをニコニコと受け入れ、文句も言わずに信楽についてきた。 少々体が弱く、働き者の喜美子を頼りにしている。 和洋裁の腕があり、学問もできる。 実はパワーを秘めているような一面も。 喜美子の情の深さと粘り強いところは、母親から受け継いだ。 上の妹・川原直子(かわはら なおこ) 桜庭ななみ 【連続テレビ小説初出演】 川原家の次女。 3歳のときに空襲で一人取り残された記憶が、トラウマになっている。 性格はわがままで自由奔放。 家の手伝いは大嫌い。 喜美子と自分を比べ、どうも損をしているような気がしている。 早々に信楽を飛び出してしまうが、反抗心と裏腹に甘える気持ちもあり、喜美子にトラブルを持ち込んでくる。 下の妹・川原百合子(かわはら ゆりこ) 福田麻由子 【連続テレビ小説初出演】 川原家の三女。 大阪から移ってきたときにはまだ赤ちゃんで、根っからの信楽育ち。 母親の優しくて穏やかな性格を、一番受け継いでいる。 直子とは対照的に、ずっと信楽に住んで喜美子に寄り添い、相談相手となる。 【川原家の居候】 謎の旅人・草間宗一郎(くさま そういちろう) 佐藤隆太 【連続テレビ小説初出演】 常治が、ふとしたことから信楽に連れてきて、川原家に居候していた男性。 戦時中は満州で働いていた。 日本で空襲にあって行方不明になった妻を、ずっと探している。 幼い喜美子に温かく、かつ真摯(しんし)に接してくれる。 実は柔道の心得があり、喜美子ら信楽の子供たちはみんな教わることに。 信楽を去ってのちも、折にふれて喜美子の前に現れ、新たな道を選ぶきっかけとなる。 【信楽の人々】 喜美子の幼なじみ・熊谷照子(くまがい てるこ) 大島優子 喜美子の同級生。 信楽で一番大きな窯元(かまもと)「丸熊陶業」のお嬢様。 三味線や日本舞踊の稽古に余念がない。 プライドが高く勝ち気な性格で、ちやほやされるわりに友達ができない。 転校生の喜美子には興味津々で、柔道まで一緒に習うことに。 喜美子とは仲がよいのか悪いのか、不思議な関係。 兄が戦死したために、婿を取ることが決まっており、家業を盛り立てようと奮闘することになる。 喜美子の幼なじみ・大野信作(おおの しんさく) 林遣都 喜美子の同級生。 信楽にある大野雑貨店の一人息子。 喜美子たち川原家の住まいを、両親が世話したことから知り合った。 幼い頃から器量がよく、同級生の照子はさかんにアピールしてくるが、ピンときていなかった。 喜美子とは正反対の、気が弱く引っ込み思案な性格。 喜美子が大阪から戻ってくると、思わぬ変化をとげており、驚かせる。 川原家の隣人・大野陽子(おおの ようこ) 財前直見 信楽の商店街にある、大野雑貨店をきりまわしている。 祖母の住まいだった空き家を、信楽に移ってきた川原家に提供してくれた。 おおらかな性格で、マツのよき友人となり、喜美子たち三姉妹にも何かと気遣いをしてくれる。 息子の信作が少々頼りないのを心配しつつも、行く末を楽しみにしている。 【大阪での出会い】 新聞記者・庵堂ちや子(あんどう ちやこ) 水野美紀 【連続テレビ小説初出演】 喜美子が働くことになる、大阪の下宿屋で知り合った女性新聞記者。 大ざっぱで身の回りのことは全くかまわないが、仕事には真剣。 喜美子のよき友人となり、女性が職業を持って生きることについて、大きな影響を与える。 やがて喜美子に触発されるように、新たな道へ。 医学生・酒田圭介(さかた けいすけ) 溝端淳平 【連続テレビ小説初出演】 喜美子が働く大阪の下宿屋に住む医学生。 育ちがよく、まじめな青年。 下働きとして頑張る喜美子に、とても優しい。 喜美子には兄のような存在だったが、ひょんな出来事から思いがけず恋のお相手に。 【出演者の発表にあたって 制作統括 内田ゆき】 連続テレビ小説『スカーレット』では、ヒロインの喜美子が、女性陶芸家として、大いに奮闘し成長していきます。 一生の仕事をがんばるヒロインはもちろん魅力的ですが、ただ一人では輝くことはできません。 喜美子の人生にも思いがけない出会いや、ときに悲しい別れがあって、絆を結ぶことを繰り返しながら進んでいきます。 その中で、彼女のがむしゃらなガッツとあふれる愛情は、家族に、友人に、まわりの人々に受け止められて、いっそうキラキラ輝きます。 他の人に必要とされることは、数ある人生の喜びの中で、とても大きなものだと思います。 ヒロインをめぐる人々として、このたびすばらしい出演者をお迎えすることができました。 水橋文美江さんによって楽しい物語が紡がれていくことは間違いなく、私自身が、みなさんのたたずまいを、やりとりを早く見たい!という思いになっております。 頼もしい出演者一同と一緒に、心をこめて作り出す連続テレビ小説『スカーレット』、どうぞ楽しみにお待ちください! 【作家プロフィール 水橋文美江】 石川県出身。 中学生のころから脚本を書き始め、フジテレビヤングシナリオ大賞への応募をきっかけに、1990年脚本家としてデビュー。 NHK名古屋「創作ラジオドラマ脚本募集」佳作、橋田賞新人脚本賞を受賞する。 映画、ドラマの脚本を数多く手がけ、代表作に『夏子の酒』『妹よ』『みにくいアヒルの子』『ビギナー』(フジテレビ)、『光とともに』『ホタルノヒカリ』『母になる』(日本テレビ)、『つるかめ助産院』『みかづき』(NHK)など。 【物語】 戦後まもなく、大阪から滋賀・信楽にやってきた、絵が得意な女の子。 名前は川原喜美子。 両親と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手だった。 15歳になった喜美子は、大阪で就職し、新たな出会いによって、さらに成長する。 信楽に戻ったのちは、地元の信楽焼に惹(ひ)かれ、男性ばかりの陶芸界に飛び込む。 陶芸家・川原喜美子を目指して奮闘する毎日が始まる。 やがて愛する男性と結婚し、二児を授かった喜美子。 仕事も家庭も、と、まい進の日々が続く。 だが、結婚生活は思惑どおりにはいかない。 最愛の息子は陶芸の跡継ぎとなるも、やがて別離が。 喜美子の人生は波乱万丈だが、その中で陶芸への情熱は変わらず、自らの窯を開き、独自の信楽焼を見いだす。 陶芸家として独立したものの、貧乏は相変わらず。 だが、困った人を見捨てておけない彼女を、頼る者は後を絶たない。 なかでも、喜美子の陶芸そして人柄に惹かれて集まった若者たちを、我が子同様に愛し、見守り、育てていく。 彼女がつらい状況にあるときに支えるのは、かつて助けた人たち。 喜美子は陶芸の道に再び希望を見いだし、新たに絆を結んだ人たちとともに歩んでいく。 伝統的に炎の色とされ、黄色味のある鮮やかな赤。 緋=火に通じ、陶芸作品に表れる理想の色のひとつである。 主人公の生業(なりわい)である陶芸では、窯をたく炎が勝負。 熱く燃えるような、情熱的な人生につながる。 2019年度後期 連続テレビ小説「スカーレット」 【放送予定】 2019年9月30日~2020年3月 【制作スケジュール】 2019年4月 クランクイン予定 【作】 水橋文美江 【音楽】 冬野ユミ 【スタッフ】 制作統括:内田ゆき プロデューサー:長谷知記 演出:中島由貴 佐藤譲 鈴木航 ほか 新着記事• Javascriptを有効にしてください。 カテゴリーから選ぶ 開く• 月別から選ぶ 2020年 開く• 2019年 開く• 2018年 開く• 2017年 開く• 2016年 開く• 2015年 開く• 2014年 開く• 2013年 開く• 2012年 開く• 2011年 開く• 2010年 開く• 2009年 開く• 2008年 開く• 2007年 開く• 2006年 開く• 2005年 開く• 2004年 開く• 2003年 開く•

次の