マスク 手縫い。 【あさイチ】「立体的手作りマスク」の作り方!手縫いで25分!(花粉&マスク対策2020)

手縫いでOK。ふきん・端切れでつくるプリーツマスク

マスク 手縫い

手作りマスクの生地選び 「手作りマスク」の利点は• 洗って使える• 肌に優しい• 自分の服に合わせてた生地を選べる などが考えられます。 どんな生地がおすすめか 綿 吸水性高く通気性も良い。 滑らかで肌に優しく低刺激な素材。 縮みやすくシワになりやすい。 麻 肌ざわりが良い。 吸水性抜群。 発散性や通気性があり 薄地なのに丈夫で長持ち ガーゼ 柔らかく肌ざわりが良い。 吸水性・通気性速乾性に優れている 生地を購入しなくても代用できるものもあります。 薄手のハンカチ・バンダナ・手ぬぐいでも代用できます。 できるだけ薄い生地をおすすめします。 今回は以下の生地を使用しました。 手縫いマスクの作り方 材 料• ゴムの種類や顔のサイズに合わせて長さは調節してください。 生地をカットする 型紙を使って中表で生地を2枚カットし広げる。 中表に合わせる 3. 左右をなみ縫い 端まで縫わず、 型紙の印までなみ縫いをする。 なみ縫いのポイント なみ縫い後、糸をひっぱりすぎて生地がよれないように縫い始めから終わりまで指でなでると生地のヨレがなくなる。 左右なみ縫い完成! 縫いしろに切り込みを入れる 下記のように切り込みを入れると表に返した時に生地がつっぱりにくい。

次の

作り方☆超初心者さんのための「立体布マスク」講座☆手縫い

マスク 手縫い

(出典:YouTube ) もちろん最初は「かっこいいけど、これはちょっとハードル高すぎる…」と思ったんだけど、前回の記事の手縫いマスクを自作してみたことでちょっと自信がついたので、それなら作ってみよう、ということで。 もう一つ、ツイッターでリツイートしたんだけど、岡山県総社市のデニムマスクというのにちょっと感動したのもあったり。 今日からマスク転売禁止が執行されていますが、総社市では障がい者の方々と総社デニムマスクを生産し明日10時から市役所で400円で販売開始します。 最初は総社市民に限定しますが将来生産量によっては全国発売を考えます。 — 岡山県総社市長片岡聡一 souichikataoka そしてだいぶ以前ダイソーで買ったデニム生地もあったので、これを使ってトライしてみようと。 ちょっと無理目って思っても、かっこいい!とか、欲しい!、作りたい!とかって欲求が勝れば、やってやれないことはない。 これは多分どんなことでも同じと思われ。 真理であろうw 自作手縫いマスク第2弾の作成経緯 とは言っても、もちろんお裁縫ド素人にとってはハードルは高い訳で、どんな感じになるかも分からず、いくつか失敗もした。 その辺りも含めて書いてみる。 まず、基本的には最初に紹介した動画と同じなんだけど、大きさは微妙に変更してあったり、作り方も状況に応じて変更した。 昔ダイソーで購入したデニム生地というのが下の画像のもの。 でももちろんお裁縫するでもないので、敷物程度にしか使ってなかったという。 という訳で、動画といい岡山のデニムマスクといい、このデニム生地を活かして作ってみることに。 でも、実はこのデニム生地を使って最初に作ろうと思ったのは、前回の手縫いマスクの記事のデニム版だった。 ただ、上で書いたように、このデニム生地が思いの外しっかりしすぎてて、アイロンを使いながらでも折るのにも一苦労するくらいだったのでこれを断念。 で、切り出してしまったからにはもったいないから、今回の動画版のにトライしよう、という流れになったのがホントのところw で、そのデニム生地の感じもあって、2枚使いだと硬すぎて無理ってことで、半分に切って、その1枚と、裏地は前回の夏服シャツのハギレにすることにした。 この2枚を動画を参考に、かつ切ったデニム生地のサイズに合わせてカット。 デニム生地を裏にして、夏服シャツのハギレとの長辺と斜め部分の端っこをチクチク縫う。 今思うと、ここをもっと細かく縫っておけばよかった…。 縫い終わったら短辺から裏返すんだけど、縫った間隔がちょっと広かったので見た目がイマイチなのと、ところどころ毛羽みたいのが少し出てしまった。 で、この上下の部分をアイロンも使いつつ、折って下の画像みたいにするんだけど… 実はこの折る部分が、微妙に違ってたことに完成してから気づいた。 画像の場合斜め部分を全部折り曲げてるんだけど、動画とか、前回の手縫いマスクでも同じだけど、ちょっとだけ残して折るのが正解。 画像だと説明難しいが、斜め部分のはじまりから1cmくらいの部分で折る感じになる。 まあ、動画みたいに型紙を先に作って、動画と同じ様に折ればいいってこと。 ここが違うと、装着した時の見た目が微妙に変わってくる。 最後に装着した画像を貼っておくので、比べてみると分かる。 次は中に入れる「ポケット」部分を別パーツで作る。 …んだけど… このポケット用に使ったのが、これまただいぶ以前ダイソーで買ったハギレ生地w これも相当大きくて、クリップ式のカーテンフック付けて、突っ張り棒で押入れのカーテンにして使ってた。 これを動画にあるサイズにカットして、チクチク縫ってみたんだけど… この生地がデニム生地とは逆に、かなり薄い、サラサラな生地なので、縫ってるうちに端っこがホツレて来て… orz という訳で、これまた動画通りではない方法で行くことにして、使ったのがフェルト素材。 言うまでもなくダイソーw これを1枚だけ形通りにカットして、端っこを折り返して縫った。 相変わらずガタガタなんだけど、黒い糸を使ったので目立たないからよし。 で、少し戻って、本体の前面部分の長辺部分の端っこを縫う作業に。 この部分は思いっきり見える部分なので、黒い糸で見えにくいにしても最新の注意を払ってチクチク縫う。 と言っても、なんのガイドもなしにまっすぐ縫うのは無理だと思って、でも生地が黒っぽいのでペンとかで下線書いてもも分からないなと… で思いついたのがマスキングテープ。 布地にマスキングテープというのも妙な感じだけど、あくまでもガイドとしてまっすぐに貼って、それにそって縫う作戦。 おかげで結構上手く行ったかな?と。 それが縫えたら、折り曲げた部分を開いてアイロンがけ。 ここの意味がよく分かんないんだけど、装着するときに開きやすくなるようにってことかな? そしたら本体の内側にフェルトパーツを縫い付ける。 この辺も動画とは結構違ってる。 まあ臨機応変に。 本来は内側にポケットを付けて、その中にガーゼ?を入れてるっぽいんだけど、今回は本体とフェルトパーツの間にポケット部分がある、みたいな感じ。 というか、ガーゼまで入れることはないかな?って感じ。 まあどちらも可能ってことで。 それが済んだら、耳かけのゴム紐を通す部分を縫う。 これは前回作った手縫いマスクと同様、2回折って縫う。 ここも生地の固さがあるので試行錯誤しながら無事縫い付けた。 ここも前面になるので、マスキングテープ作戦で可能な限りまっすぐなラインでチクチク縫い縫い。 という訳で縫い終わったもの。 ゴム紐を通せば完成。 装着するとこんな感じ。 (もちろんお見苦しいので今回も自主規制) 上の方で書いた「形の違い」というのは、見ての通り上下の部分の斜め部分。 本来の形は一つの斜めで端っこにいくラインなのに対して、今回作ったものだと2段階のラインになってるってこと。 まあ、気にしなければ全然問題ないけども。 という訳で今回はちょっとだけバージョンアップした?自作の手縫いマスクを作成した経緯を書いてみた。 この形で新しいの作ってみようかな?とか、また違ったタイプのもの作ってみようかな?とか思えるようになったってことは、いつの間にか「お裁縫ド素人」は少しだけ突破できたのか?と。

次の

立体マスクを手縫いで簡単&きれいに作るコツ型紙付き

マスク 手縫い

使い捨てマスクが少しずつ流通し始めたとはいえ、まだまだ手に入りづらい地域もあり、価格も割高感があります。 「市販のマスクが手に入らないときは、ふきんを使ってプリーツマスクをつくってみてはいかがでしょうか」と提案してくれたのは、ESSEが注目するブロガーで、プチプラグッズに詳しい奥野敦子さんです。 無印良品のふきんでマスクをつくってみました 使い捨てマスクが手に入らないときに、ワンポイント入りのプリーツマスク ぶきっちょさんにもおすすめ! 直線縫いのみでできる、無印良品のふきんでつくる花柄がワンポイントのプリーツマスクです。 「ミシンは苦手」という方は手縫いでも大丈夫ですよ。 さっそくご紹介しますね。 なければふきんでOK) ・マスクゴム(なければ手芸用のゴム、ヘアゴムなど) ・はさみ ・アイロン ・ミシン(なければ手縫いでOK) 今回使用した無印良品のふきん。 ふきん1枚で2枚のマスクがつくれます。 【つくり方】 (1) 青い線の部分をカットしていきます。 まず、ふきんの周りのかがってある部分をカットし、そのあと縦半分にカットします。 (2) (1)でカットしたうちの1枚。 上部の赤い矢印部分1. 5cmほどをあけて、青い矢印に沿って2つに折ります。 アイロンで4~5段のプリーツをつけます。 (3) (2)の赤い矢印部分を細かく3つに折り、青い部分にミシンをかけます。 (4) (3)でつくった青線より上のすき間にノーズワイヤーを差し込みます。 今回、ノーズワイヤーは使い捨てマスクに入っていたものを消毒して再利用しました。 手に入らない場合は、なくても大丈夫です。 (5) ノーズワイヤーが動かないように、青い矢印部分を両サイド縫います。 ノーズワイヤーなしの場合は、この作業は省いてくださいね。 (6) マスクの両サイドを縦に縫います。 (7) お好きな端切れを準備。 画像のように、マスクの大きさに合わせて端を折り込んで、アイロンをかけます。 (8) マスクを端切れで包んで、縦にミシンをかけます。 両サイドかけます。 (9) 両サイドにマスクゴムを通して完成です。 私のようなズボラな性格でも、ふきん2枚で4枚のマスクを簡単につくることができました。 好きな花柄の端切れがワンポイントになり、お気に入りのマスクになりました。 4枚のうち2枚はあらかじめふきんを水通ししてから縫ってみたものです。 さほどの縮みは感じられませんでした。 これからまだまだ続きそうなマスク生活。 その日の洋服に色味を合わせて、コーディネートしてみてはいかがでしょうか。 マスクは感染を確実に防ぐものではありません。 3~4軒のハシゴはもちろんこと、そこで4時間以上過ごすことも。 おうちカフェや100均DIYの情報をブログやメディアで発信中.

次の