年賀状 じまい 文面。 年賀状をやめたい!!おすすめの文例6つを紹介します!!

終活年賀状【年賀状印刷PRO】アルファプリントサービス

年賀状 じまい 文面

年賀状の基本• 年賀状アプリ• 年賀状作成 ソフトなど• パソコン年賀状 の作り方1• パソコン年賀状 の作り方2• 年賀状 お役立ち情報• 喪中はがきの 基本• 暑中見舞いの 基本• 暑中見舞い お役立ち情報• 時候の挨拶• 季節の挨拶状と 文例• 年賀状と文例• 一般挨拶状と 文例• 結婚関連の 書状と文例• はがきと手紙の 豆知識• 年賀状ソフトの 活用• 新春のお喜びを申し上げます 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。 昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 謹んで新年のお祝辞を申し上げます 旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 新年おめでとうございます よき新春をお迎えのことと、お喜び申し上げます。 私共も家族一同元気に過ごしております。 旧年中はひとかたならぬご厚誼を賜りまして、大変ありがとうございました。 本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。 謹んで新年のお祝いを申し上げます 昨年は何かとお世話になりまして、ありがとうございました。 おかげさまで良き新年を迎えることができました。 本年も昨年同様よろしくお願い申し上げます。 皆様のご健康とご多幸を心よりお祈りいたします。 謹賀新年 ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。 新春のおよろこびを申し上げます 良き新年をお迎えのことと存じます。 昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。 本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 謹んで新年のご祝辞を申し上げます 旧年中は公私にわたって大変お世話になり、心より感謝申し上げます。 昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。 本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。 皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。 謹賀新年 よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 大変ご無沙汰しておりますが、先生におかれましてはお元気で過ごされていることと存じます。 どうぞご自愛の上、より一層のご活躍のほどを期待しております。 本年もよろしくお願い申し上げます。 謹んで新年のご祝辞を申し上げます 先生にはごきげんよく、新年をお迎えのことと存じます。 今年も新緑の頃に同窓会を企画しております。 お目にかかれることを心より待ち望んでおります。 ますますのご健康をお祈り申し上げます。 謹んで新春のお喜びを申し上げます 旧年中は【子供の名前】がたいへんお世話になりました。 帰宅後に授業やクラブ活動の話をし、学校が楽しくて仕方ないという様子を見せてくれますのは、親として何よりうれしく存じます。 これも先生のご指導の賜物、本当にありがとうございます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 新春のおよろこびを申し上げます 皆様お揃いで、よき新春を迎えられたことと存じます。 昨年、【相手続柄・敬称】にはひとかたならぬご厚情をいただき、深く感謝いたしております。 本年も、なにとぞよろしくお願い申し上げます。 新年おめでとうございます よき新春を迎えられたことと、謹んでお喜び申し上げます。 昨年は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 まだまだ未熟者の二人ではありますが、今後ともよろしくご指導のほどをお願いいたします。 皆様に幸多き年となりますように。 新年おめでとうございます よき新春を迎えられたことと、謹んでお喜び申し上げます。 昨年は大変お世話になりまして、ありがとうございました。 まだまだ未熟者の二人ではありますが、今後ともよろしくご指導のほどをお願いいたします。 皆様に幸多き年となりますように。 新春を寿ぎ謹んでお慶びを申し上げます 昨秋、私どもは結婚式を挙げ、新生活に入りました。 未熟者の二人ではございますが、今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。 年頭のご挨拶を申し上げます。 【災害の内容】以来、何かとご不自由な日々を送られていることと存じます。 当方でお役に立てることがありましたら、何なりとお申し付けください。 一日も早く生活が回復され、明るい年となりますよう祈念いたします。 おかげさまで、こちらは一同無事に過ごしております。 向寒の折、どうかお体大切にお過ごしください。 先日の【災害の内容】には、衷心よりお見舞い申し上げます。 一日も早く普段の生活に戻れますよう、お祈りしております。 何か必要なものや、私どもに出来ることなど、お申し付けくださいましたら幸いです。 寒さが日々増していく折から、皆様くれぐれもお体にお気を付けください。 来年は良い年となりますよう、心からお祈り申し上げます。 寒中お見舞い申し上げます。 昨年の【災害の内容】以来、回復に向けての毎日には、さぞお疲れのことと存じます。 何か必要なものや、私どもに出来ることなど、お申し付けくださいましたら幸いです。 一日も早く以前の生活に戻れますよう、心からお祈り申し上げます。 厳寒のみぎり、何より皆様ご自愛ください。 謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。 なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。 恭賀新年 昨年中は格別のご用命を賜り厚く御礼申し上げます。 なにとぞ本年もよろしくご愛顧のほどひとえにお願い申し上げます。 謹んで新春のご祝詞を申し上げます 昨年中は格別のご厚情にあずかり、心より御礼申し上げます。 御社のますますのご発展を祈念しますとともに、本年もなお一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。 謹賀新年 ご丁寧にも賀状を戴きまして恐縮に存じます。 昨年末は例年になく多忙をきわめ、誠に不本意ながらどなたにも年賀状をお出しできずにおりました。 遅ればせながら、御社のご繁栄をお祈り申し上げるとともに、本年も引き続きご芳情を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

次の

年賀状じまいの方法【こんな例文がいいかも】平成最後がチャンス!

年賀状 じまい 文面

「スポンサーリンク」 年賀状の終活へのお返事 最近は、終活の一貫で、年賀状を終わらせる「年賀状じまい」が 増えてきました。 今後ますます、あなたも受け取ることが多くなると考えられます。 そうしたとき、あなたはその年賀状に対してお返事を書きますか? 送り主が「年賀状じまい」を送るには、様々な背景があります。 ・年賀状のみの付き合いが長いので、失礼させていただきたい。 ・高齢で字が思うように書けなくなり、年賀状の準備が難しくなった。 ・年末の年賀状の準備が、体力的に厳しくなった。 ・ご病気によって、手が思うように動かない。 などです。 中には、今老後の一番の出費と言われる葬祭の香典費を出すのが家系上難しくなり、付き合いを控えざるをえなくなった、といった止むを得ない状況も有るようです。 そういった理由は、受け取る私たちには残念ながら憶測でしか対応できませんが、 決して「縁切り宣言」ではないので、容赦して欲しいというご本人の意図をくみ、 最良の形でいいお付き合いを続けていきたいところです。 年賀状じまいを出した本人の意図をくむ お付き合いの薄いお相手であれば、「終活をされているんだな」と 了承差し上げるだけで済みますが、 慕っていた人にとっては、せめてこちらの近況報告もできなくなってしまうのは どこか寂しいですね。 年賀じまいを送ったご本人の意図には、 気を遣うので「受け取りも遠慮したいです」 という場合があります。 受け取りも遠慮したいという人の方が少ないでしょうが この判別は難しいもの。 送り主さんとの人間関係によっては、 迷惑でないのなら返事はいただけなくても、こちらの年賀をお送りしても良いのか、どうなのか確認したいところです。 一つの参考としては、 「今後の年賀状は失礼いたします」 「遠慮させていただきます」 こういった内容の場合は、ご本人が遠慮するだけで、 こちらから送るのを受け取るのは構わない また 「辞退させていただきます」 という文言の場合は、気を遣うので受け取りも遠慮させてほしいという 意味が込められている という解釈も有りますが、実際のところ まだあまり「年賀じまい」が確固されていない現在では、 そこまでの意味を込めて文面を決めている方も少ないと言えるでしょう。 (つまり、推測でしかありません。 ) 「交換は遠慮させていただきます」 とあれば、それは受け取りも遠慮したい、というニュアンスが受け取れますね。 まだ年賀状を出していない相手からの年賀じまいの時は 「年賀じまいとのこと、承知いたしました。 さみしくなりますが、これまで長い間お付き合いいただき、誠にありがとうございました。 」 といったかたちにして、お返事を出す。 既に年賀状を出した人から届いた年賀状で年賀じまいの知らせがあった時は、わざわざお返事を書くのも変なので、そのままにしておく。 こちらからの年賀状は送り続けたいという場合は、 まず年賀状を送るのはストップする。 何か連絡をとるかお目にかかる時に、 こちらからの年賀状を送っても迷惑ではないか、それとなく尋ねてみる。 これが一番間違いがありません。 一方的に 「年賀じまいとのこと、承知いたしましたが、貴殿のことを思い出しつつ近況などはお知らせさせていただきます」 と返事を出すか、来年の年賀状で書くこともできます。 もちろん、年賀状が届くのは嬉しいという方、楽しみにしているという方には喜ばれるでしょう。 ただし、受け取りも遠慮したいと明白な方へ翌年も送るのは、 迷惑になるのでやめましょう。 年賀状の終活への返事、まとめ 年賀状じまいは現代の年賀状という文化が薄くなってきているという現状を少々増長するような新しい形であり、どこかさみしい気もしますが、 しっかりご挨拶をしてくださるお相手にも感謝をし、うまくお付き合いをしていきたいものです。

次の

年賀状じまいと例文 3つのポイントを押さえよう|BIG EFFECT

年賀状 じまい 文面

年賀状をやめるならタイミングはどんな時が良い? 年賀状の出状を やめる タイミングは、 その年賀状のやり取りが 「楽しみ」ではなく 「義務」に なってきていると感じてきた! そう思ってしまったら、 一度、 やめることを考えてみてください。 送るのを どうしようかしらと悩んだら、 その時が、やめ時です。 年賀状は、 毎年、出すものと思いがちですが、 本来はそのやり取りをして楽しむもの。 それが、 苦痛になってしまったら、 元も子もありませんよね。 年賀状をやめても、 マナー違反にはなりませんし、 やめるのも続けるのも自由です。 しかし、 急にやめるのも相手に失礼かしら? そんなことを思う方もきっといるはず。 そんな時は、 「やめますよ」と 一言、お知らせをすると丁寧です。 年賀状をやめる時のお知らせは、いつ、すべきもの? 年賀状を やめる時は お知らせすれば、OKです。 例えば、 高齢のため、 年賀状を送るのをやめるための 文面が書かれた年賀状のことを、 「 年賀状じまい」と呼ぶことがあります。 実際に、 我が家の例で言うと、 昔の上司や 仲人さんから、 年賀状じまいをいただきました。 やめる時のお知らせは、 普段、年賀状を送る時と 同じ時期で大丈夫です。 通常の年賀状の中で、 やめることを伝えれば、OK! また、 寒中お見舞いの際に、 お知らせするのもOKです。 寒中お見舞いは 小寒(1月5日ごろ)から 立春(2月4日ごろ)に出す挨拶状です。 でも、 それだと、 お正月に年賀状を出したと思うと、 すぐに、寒中見舞いの時期になるので、 けっこう、面倒だと思います。 なので、 年賀状の中に、 今回が最後の年賀状です! という意味合いの言葉を入れるのが ベストではないかと思います。 ただし、 あえて、年賀状を誰にも出さない! そして、 お正月に、年賀状を下さった方にだけ、 寒中見舞いのタイミングで、 年賀状を欠礼したことのお詫びと、 「年賀状をやめる」ことのお知らせを 行うという方法もあります。 一番、無駄のない方法かもしれませんね。 ただ、 もう一度、冷静に考えた上で、 最終のご判断はご自身でお願いしますね。 年賀状をやめる時の文例で友達の場合は? 年賀状をやめる時の文例は、 高齢を理由でやめる場合。 年賀状で知らせるケース あけましておめでとうございます。 私も今年で、 喜寿を迎えることとなりました。 高齢により、 年賀状の準備もおぼつかなくなって まいりましたので、 本年をもちまして年始のごあいさつを 失礼させていただくことにいたします。 非礼を深くお詫びいたします。 今年にて年賀状は失礼いたしますが、 皆様のご健康とご多幸を 心よりお祈りいたします。 このような文面で大丈夫です。 寒中お見舞いで知らせる場合。 寒中お見舞い申し上げます。 ご丁寧な年賀状を いただきありがとうございました。 勝手ではございますが、 本年をもちまして どなた様にも年始のごあいさつを 控えさせていただく事と させていただきました。 何卒ご了承ください。 最後に、皆様のご健康とご多幸を心より お祈りいたします。 このような文面で大丈夫です。 これは、事後のお知らせですし、 年賀状をもらった人にだけ出すので、 二度手間にはならなくて、効率的ですね。 年賀状をやめたとしても、 今後とも、 お付き合いをしていく方であれば、 あなただけ送るのをやめたのではなく 他の人も含めて全員に送るのを やめましたよ。 という文面をいれると良いでしょう。 また、 「今後とも、 変わらぬお付き合いを いただけると幸いです」 といったような文面を、 文章の中にいれるとより、 丁寧、かつ、今後のお付き合いにも 影響されないような文章になります。 お友達だからといって、 文章を適当に 書くのは、あまり良くありません。 きちんとした挨拶状なのですから、 きちんとした文章で送りましょう。 高齢以外の理由でやめる場合。 この場合については、 個人個人で色んな理由が あると思いますので、 文例をご紹介するのは、 少々、難しいかなと思われます。 が、 上記で ご紹介した「寒中見舞いで知らせる」 場合の文例だと、問題ないでしょう。 年賀状をやめる時のまとめ 以上が、 年賀状をやめるタイミングと その文例になります。 もちろん、 必ずお知らせをしなければいけない という訳ではありません。 人によっては、 何も言わずにフェードアウトされる そんな方もいらっしゃいます。 しかし、 やはり長い間、年賀状をお互いに 出し合っていた間柄なのですから、 きちんとしておきたいという方が 多いはずです。 ご高齢の方にとっては、おたよりなど お手紙が唯一の相手の近状を知るもの だという方もいらっしゃることでしょう。 ですので、 年賀状を本当に出さなくてもいいのかを 最後に、 もう一度考えてみてもいいかもしれません。 そして、年賀状作成で費やしていた時間が 自由になりましたら、その時間を有効に使い、 ゆとりを持った年末年始をお過ごしください。

次の