隠す 類語。 木を隠すなら森の中の意味!例文を使って分かりやすく使い方を紹介!

「隠蔽」の類義語や言い換え

隠す 類語

あいまいにする、または隠すことで判読できないようにする、もしくは気付かれないようにする の意• 分からなくする• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 何かを秘密にし続ける行動 の意• 包みかくし• つつみ隠し• 見られる、または発見されるのを防ぐ の意• 覆隠す• 秘しかくす• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 隠立て• 何かを隠したり保護したりするのに役立つ覆い の意• 目かくし• 包みかくし• つつみ隠し• あいまいにする、または隠すことで判読できないようにする、もしくは気付かれないようにする の意• 分からなくする• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 何かを秘密にし続ける行動 の意• 包みかくし• つつみ隠し• 見られる、または発見されるのを防ぐ の意• 覆隠す• 秘しかくす• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 隠立て• あいまいにする、または隠すことで判読できないようにする、もしくは気付かれないようにする の意• 分からなくする• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 何かを秘密にし続ける行動 の意• 包みかくし• つつみ隠し• それが見えないようにする事で何かの存在を秘密にする行為 の意• 覆面すること• 覆うこと• 見られる、または発見されるのを防ぐ の意• 覆隠す• 秘しかくす• 押しかくす• 被い隠す• 包みかくす• 被隠す• 隠立て• 見ることまたは知られることから隠す の意• 覆隠す• 押しかくす• 被い隠す• ひた隠す• 包みかくす• 被隠す• 何かを隠したり保護したりするのに役立つ覆い の意• 目かくし• 包みかくし• つつみ隠し•

次の

木を隠すなら森の中の意味!例文を使って分かりやすく使い方を紹介!

隠す 類語

語源は「北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)」という書物から 「能ある鷹は爪を隠す」の語源は、古いことわざ集の「北条氏直時分諺留(ほうじょううじなおじぶんことわざとめ)」という書物からきています。 この中で「鷹」という動物の性質について書かれています。 鷹が獲物を捕らえるために使用するのは「鋭い爪」「相手を見る鋭い目」「獲物にたどり着くまでのスピード」の3つです。 しかし、鷹が獲物を捕らえるために使う本当の武器は「爪」であり、爪は普段隠しています。 鷹は獲物を捕らえるその瞬間にだけ使用することから、普段は実力を見せない鳥と言われていました。 以上より、鷹が自身の本当の武器を隠しているというから、本当の実力者は新の実力を軽々しく見せつけないという意味になったのです。 2.「能ある鷹は爪を隠す」の使い方と例文 「能ある鷹は爪を隠す」にはビジネスシーンでもプライベートでも誉め言葉として使われます。 会社にはあまり目立たない人が「実は隠れた実力者かもしれない」という噂が立ったり、「本当はある分野においてすごい力を持っている」と言われることがありますよね。 そんな人に対し上司や先輩から「あいつは実力を普段見せない人だが、やるときはやる」と信頼されるときに使われるのです。 プライベートでも学力試験や試合の本番に強いはずなのに、普段はそれを見せない人が「あいつは能ある鷹は爪を隠すタイプ」と言われることがあります。 どちらのシーンでも「能ある鷹は爪を隠す」は誉め言葉として使われることが多いのです。 「能ある鷹は爪を隠す」はの例文のように使われます。 実力を出していないときは温和ですが、隠している実力を発揮している時は、いつも以上に集中した顔になります。 普段は発言をしない人も、真価を発揮しているときは的を得た正確なや提案をすることも「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人には見られるのです。 普段はぼーっとしているように見える人が、てきぱきと動いて問題を解決する、ズバッと本質を言い当てるなどというケースです。 以上のように、「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人は、真価を発揮しているときとしていないときとでは、言動にギャップがあります。 4.自ら「能ある鷹は爪を隠す」ときは注意! 「能ある鷹は爪を隠す」は誉め言葉として使われることが多いのですが、時にはマイナスな表現としてとらえられてしまいます。 注意点は以下の2つです。 仕事に対してやる気がないと判断されるときがある 「能ある鷹は爪を隠す」は上司によっては「やるときだけやるのは、普段の仕事に対してはやる気がないことだ」と判断されてしまうことがあります。 もちろん「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人は、普段手を抜いているわけではありませんが、人によっては怠けている、やる気がないと思われてしまうのです。 人に対して「能ある鷹は爪を隠す」という言葉を使うときは注意しましょう。 相手に不快な思いをさせ てしまうため、直接本人に伝えないように 「能ある鷹は爪を隠す」はたとえ誉め言葉として使ったとしても、相手を不快にさせてしまう言葉になる可能性があります。 自分にとっては「真の実力を大切な時に発揮できる人」という意味で使っていても、相手は「この人には普段は何もできない人だと思われている」とされてしまうことがあるのです。 会社でいくら周りが「あの人は能ある鷹は爪を隠すタイプの人だ」と言っていたとしても、本人はその言葉をどう受け取っているかはわかりませんよね。 そのため、本人に直接「あなたは能ある鷹は爪を隠すタイプですよね」などと伝えることは避けましょう。 相手によっては「能ある鷹は爪を隠す」が不快な言葉になってしまいます。 5.「能ある鷹は爪を隠す」の類語と反対語 「能ある鷹は爪を隠す」にはいくつか類語と反対語があります。 類語と反対語は以下です。 大智は愚の如し 読み: だいちはぐのごとし 意味:本当に知恵のある者は知識をひけらしたりしないため、一見すると愚かなように見えるということ 「大智は愚のごとし」の「大智」には「優れた知恵」という意味があり、ことわざでは「優れた知恵を持つものは一見愚かに見える」という意味合いになります。 しかし、愚かに見えるのは、知識をひけらかしていないからであるため、本当は実力があるのです。 「能ある鷹は爪を隠す」も「大智は愚の如し」も「本当の実力者は、大事な時に実力を発揮する」という点で似ていますよね。 そのため、「大智は愚の如し」は「能ある鷹は爪を隠す」の類語として扱われるのです。 「大智は愚のごとし」は以下の例文のように使われます。 食いつく犬は吠え付かぬ 読み: くいつくいぬはほえつかぬ 意味:人にかみつく犬は吠え立てたりしないで行動に出るが、吠える犬は臆病でめったにかみつかないことから、真の実力と自信のある者は虚勢を張ったり、騒いだりしないことのたとえ。 「食いつく犬」が真の実力を持つものとして、「吠える犬」は実力を持たないものとして分けられています。 この言葉では「吠える」という行為が「実力をみせつける」という意味になり、「吠えずに行動に出る犬」が「真の実力を発揮できる人」と似た表現になるのです。 「能ある鷹は爪を隠す」タイプの人も普段は自分の実力を見せることはないため、「吠えない犬」と似ていますね。 以上のことから「能ある鷹は爪を隠す」は「食いつく犬は吠え付かぬ」の類語として扱われるのです。 「食いつく犬は吠え付かぬ」は以下の例文のように使われます。 能無し犬の高吠え 読み: のうなしいぬのたかほえ 意味:実力のない者ほど、口先ばかり達者なこと 「能無し犬の高吠え」の「能無し犬」は「実力のないもの」と表現されており、「高吠え」は「口先が達者である」ということを指しています。 つまり、 実力ないものは知識や自分の実力に対して口先だけが上手くなってしまい、その光景が無様であると言えるのです。 一方「能ある鷹は爪を隠す」は「実力のあるものは軽々しく自分の能力を見せつけない」という意味を持つため、「能無し犬の高吠え」とは反対の意味になります。 以上のことから「能無し犬の高吠え」は「能ある鷹は爪を隠す」とは反対語になります。 「能無し犬の高吠え」を使った例文は以下です。 例文:He is a type He who knows most speaks least. (彼は能ある鷹は爪を隠すタイプだ。 ) まとめ 「能ある鷹は爪を隠す」は「 本当の実力者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしない 」という意味です。 ビジネスシーンでもいざという時に真価を発揮する人に使われます。 また、この言葉は基本的に目上の人が部下に、同僚に使う言葉なので、使い方には注意が必要です。 さらに、直接本人に「君は能ある鷹は爪を隠すタイプの人だね」というのはやめたほうがいいです。 本人にとっては「普段はなにもできない(していない)人」という嫌味だと思われてしまう可能性があるからです。 うっかり本人に直接伝えたりしないように気を付けましょう。

次の

能ある鷹は爪を隠す

隠す 類語

能ある鷹は爪を隠す(のうあるたかはつめをかくす)とは、「 才能や実力のある者は、軽々しくそれを見せつけるようなことはしないというたとえ」という意味があります。 能力がある人ほど、謙虚であり意味もなく実力を見せびらかしたりしないという意味があるため、他人から使われると非常に嬉しくなることわざでもあります(笑) このページでは、「 能ある鷹は爪を隠す」について、意味・使い方・例文・類語・対義語・語源をわかりやすく徹底的にまとめました。 10センチ近くまで成長する大きな刃物のような爪を直前まで隠して、獲物に近づくという習性があるのです。 もしも、鷹が爪を隠さずに見せびらかしていたら、きっと獲物はすぐに警戒して逃げちゃいますよね!! 「能ある鷹は爪を隠す」の例文力• 気弱そうな後輩は服を脱ぐと筋肉モリモリだった。 能ある鷹は爪を隠すとはこのことか。 能ある鷹は爪を隠すとは、才能もしくは実力がないと使われることがないことわざである。 能ある鷹は爪を隠すというが、勤めている会社の上司は自分が持っている資格と経験をひけらかしまくっている。 能ある鷹は爪を隠すということわざが示すように、努力をしている人ほど謙虚で自慢をしないものだ。 自慢する人よりも能ある鷹は爪を隠すタイプの人のほうがカッコいいし、自分もそうでありたい。 例文を読むと、「能ある鷹は爪を隠す」の意味がより深く理解できるとおもいます。 例文からわかるように、あくまでも他者に使うことわざであって、自分を良く見せるためのことわざではありません。 この、ことわざは「実力がある人は軽々しくそれを見せつけるようなことをしない」 という意味があるため、他人に自慢をした瞬間に、「能ある鷹は爪を隠す」ではなくなってしまうので注意が必要。 「能ある鷹は爪を隠す」は褒め言葉 基本的には、褒め言葉として使うことわざです。 使い方は、相手のことを褒めたり、相手の技能や努力を称賛するときに使えます。 「能ある鷹は爪を隠す」の類語• 上手の鷹が爪隠す• 鼠捕る猫は爪隠す• 鳴かない猫は鼠捕る 類語のことわざは、「実力はあるけど見せびらかさない」という意味があります。 そして、技能や才能を見せつけることはないため、一見すると実力がなさそうに見えてしまうという点もある。 「能ある鷹は爪を隠す」の対義語• 反対語となることわざは、このように何とも悲しい意味が込められているものばかり…。 「能ある鷹は爪を隠す」のほうがかっこいいですし、実力や才能が認められているということわざになるため、私も見習っていこうとおもいました。 笑 やはり教養が深かったり、ビジネスで圧倒的な経験や知識のある人間ほど、自慢せず淡々としていることが多いです。 ことわざに見習ってより美しい人間になれるように自戒の念を込めて書いております(汗) 「能ある鷹は爪を隠す」の英語表現.

次の