あおり運転 サイト。 あおり運転が怖すぎて、スバルのアイサイト搭載車に非純正ドライブレコーダーを導入した話|企業勤務ワーママの会社に依存しない生き方

危険!「あおり運転」はやめましょう|警察庁Webサイト

あおり運転 サイト

前を走る車の通行を妨害する目的で車間距離を詰めるなどしたとして、警視庁交通執行課は16日、東京都江戸川区のトラック運転手の男性(42)を道路交通法違反()容疑で書類送検した。 警察庁によると、あおり運転を厳罰化した改正道交法の施行後、同容疑での検挙は初めて。 書類送検容疑は、6月30日午後5時半ごろ、同区南葛西2の都道(環状7号線)で乗用車を運転し、約1・3キロにわたって都内在住の男性会社員(24)の運転する軽自動車を必要な車間距離を空けずに追いかけ、約700メートルにわたってクラクションを鳴らし続けたなどとしている。 「怖い思いをさせて申し訳ない」と容疑を認めているという。 同課は起訴を求める厳重処分の意見を付けた。 同課によると、トラック運転手の男性は、後方を走っていた男性会社員が車間距離を詰めてきたと思い込み、蛇行運転を開始。 男性会社員が現場を離れようと運転手の車の前に出たところ、後方から約4・5メートルの距離まで近づきながら追いかけ始め、約2分間にわたってクラクションを鳴らし続けた。 最終的に同区南葛西6の交差点内で男性会社員の車の前に強引に車を割り込ませて停車し、「降りてこい」などと大声を上げたという。 トラック運転手の車のドライブレコーダーに記録が残っていた。 改正道交法は「あおり運転罪」を新設し、6月30日に施行された。 妨害運転をした場合、3年以下の懲役または50万円以下の罰金。 妨害運転によって著しい危険を生じさせた場合は、5年以下の懲役または100万円以下の罰金が科される。 【金森崇之】 外部サイト.

次の

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは?悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ

あおり運転 サイト

社会問題化している「あおり運転」。 車を日常定期に使う人からしたら厄介この上ない行為なわけだが、どのようにすれば遭わず済むのだろうか。 また、あおられてしまった時の対処法にはどんなものがあるのだろうか。 そこでこのほど、楽天インサイト株式会社によるあおり運転経験者を対象にしたアンケート調査が行われたので、その結果を紹介していきたい。 あおり運転をされたり、されているところを見た経験者は5割 はじめに、月に1回以上運転する人1000名を対象に、あおり運転をされたり、されているところを見たりした経験はあるか尋ねる調査が行われたところ、「他人があおり運転をされているところを見た」(49. 8%)と「自分があおり運転をされた」(49. 7%)と回答した人がそれぞれ約半数となった。 性別でみると、男性の経験者の方がどちらの回答も多く、女性を10ポイント以上上回った。 3%)と回答した人が最も多く、以降「パッシングされた」、「左車線からの急な追い越しをされた」、「必要のないハイビームをされた」、「幅寄せされた」などが続き、それぞれ3割を超えた。 その他の内容(FA)では、「車を蹴られた」、「殴られた」と回答した人も。 3%)、「周囲よりも遅い速度で走っていた後」(17. 7%)、「追い越した後」(14. 9%)がきっかけの上位3つとなったが、そもそも「思い当たる行動はない」(36. その他の回答(FA)では、「法定速度で走行していた時」、「信号待ちで後ろにぴたっと止まった時」などもきっかけとして挙げられた。 9%)と回答した人が4割半ばで最も多かった。 「何もしなかった」(30. 8%)と回答した人も3割程度いた。 その他の回答(FA)では「警察署へ向かった」、「派出所に誘導した」、「警察に電話をするふりをした」など、警察を頼る行動も散見された。 3%)、「不審な車には近づかない」(52. 6%)、「無理な割込みはしない」(52. 6%)と回答した人が5割を超えた。 性別でみると、女性は、「なるべく車間距離をとる」と「無理な割込みはしない」で男性を10ポイント以上上回る結果となった。 その他の回答(FA)においては「ドライブレコーダーを搭載」との回答も見られた。 6%でほぼ全回答者だった。 その中で、「強く望んでいる」と回答した人が6割強に上り、あおり運転の厳罰化を切望する様がうかがえた。

次の

迷惑車ナンバー共有で「あおり運転」防ぐ? 投稿サイトの効果と課題: J

あおり運転 サイト

「あおり運転」(妨害運転)は、重大な交通事故につながる極めて悪質・危険な行為です。 車を運転する際は、周りの車等に対する「思いやり・ゆずり合い」の気持ちを持って、安全な速度・方法での運転を心掛け、十分な車間距離を保つとともに、不必要な急ブレーキや無理な進路変更等は絶対にやめましょう。 妨害運転罪の創設 令和2年6月10日に公布された道路交通法の一部を改正する法律により、妨害運転(「あおり運転」)に対する罰則が創設されました。 これにより、令和2年6月30日から、他の車両等の通行を妨害する目的で、急ブレーキ禁止違反や車間距離不保持等の違反を行うことは、厳正な取締りの対象となり、最大で懲役3年の刑に処せられることとなりました。 また、妨害運転により著しい交通の危険を生じさせた場合は、最大で懲役5年の刑に処せられることとなりました。 さらに、妨害運転をした者は運転免許を取り消されることとなりました。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 令和2年改正道路交通法リーフレットA 令和2年改正道路交通法リーフレットB 妨害運転等に対する厳正な指導取締り 警察では、他の車両等の通行を妨害する目的で行われる悪質・危険な運転に対して、今回創設された妨害運転罪や危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等のあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底することとしています。 また、妨害運転等の悪質・危険な運転を未然に防止するため、車間距離不保持、進路変更禁止違反、急ブレーキ禁止違反等の道路交通法違反について、積極的な交通指導取締りを推進しています。 さらに、今回の道路交通法改正に伴い、妨害運転をしたものは、当該行為のみで運転免許の取消処分の対象となることから、このような運転を行う悪質・危険な運転者を早期に排除するため、迅速に行政処分を行うこととしています。 安全な場所から110番通報・ドライブレコーダーを積極活用 妨害運転を受けるなどした場合は、サービスエリアやパーキングエリア等、交通事故に遭わない場所に避難するとともに車外に出ることなく、ためらわずに110番通報をしてください。 また、ドライブレコーダーは、運転行為が記録されることから、妨害運転等の悪質・危険な運転行為の抑止に有効です。 事故やトラブルのときにあなたを守るドライブレコーダーを装着し、有効に活用しましょう。

次の