今日 何 食べる。 きのう何食べた?レシピ一覧と作り方。ドラマ登場の料理を原作で確認!

きのう何食べた?

今日 何 食べる

25歳になる少し前に始めたこのブログも、のろのろ、のそのそ、なんとなく消さずにいたらもう2年以上経過していた。 2年の間に色んなことがあって、 恋人が変わって、最近結婚もした。 24歳の頃、この世にはキラキラしてない独身OLの夕飯がどこにもないと思ってこのブログを始めた。 大丈夫、仕事で遅くなってちゃんと自炊をしてなくても、冷凍ばっかり、コンビニ飯ばっかりでも。 外食大好き、チェーン店大好きでも。 私は港区の人にはならなかったし、なれなかったから、六本木で朝日と共にヨガもしないし、家を出る30分前に飛び起きてなんとか仕度してでかけるような、たぶんごくごくふつうのOL。 誰かに安心してほしくて、 私が安心したくて始めたブログ。 気が付けば27歳、子供はいないけど籍を入れて、今は好きな人と一緒に時間を刻んでる。 仕事は変わらず続けているから、食事はあんまり変わらないけど… ブログタイトルとは差異がでるから、どうしたもんかねぇと考える。 この雑多な夕飯、なんも変わらない。 ただ、食べるのがひとりじゃなくなった。 それだけ。 それだけで、今は結構ハッピー olgohan2525 ふと、昨年の今時期のブログを読んでいた。 どうやらセブンの冷凍ハンバーグに感動していたようす。 ご飯は冷凍しておいたやつをチンしてる。 思い起こせば、当時は帰宅時間が19:30頃。 転職して半年くらいで、まだ定時であがれていた。 早く帰れれば、自然と自炊も増える。 冷凍ハンバーグと冷凍ごはんを解凍する元気もある。 今はどうだろう、帰宅は早くても20:30頃。 そこからご飯をきちんと準備する元気なんて、正直ない。 アラサーの独身女、22時を超えてからのご飯はためらわれる。。 でも頑張った対価として、給料は僅かだけど上がった。 健康はおいてけぼり。 休日は餃子を焼いた。 お休みの日は、なるべく食をきちんと楽しみたい。 今日は外出してたので、ランチはとうふのごはん。 おいしかった… 夜遅くなったときの夕飯、みんなどうしてるのだろう。 スープだけ?サラダだけ?果物とか? お腹へらない? ううむ、、この悩みはつきないなぁ。。 olgohan2525 すっかり秋になった。 半色発光させたかき氷を掲げて、これから来るであろう夏の不安を抱えながら待っていた、5月の投稿が最後だった。 あれからあっという間に4ヶ月も経つなんて、現実のスピードは本当に早い。 年々"時間泥棒"の出番が増える気がする。 今は4ヶ月が早く感じるけれど、もう少ししたら1年なんてあっという間で、更に3年、10年って意識しないうちに彼らがごっそりもっていっちゃうんだ。 これは持論だけど、多くの場合、女の人のほうが現実的で、年齢に対してシビアに思う。 それは「若くて可愛い」が消費期限です!とメディアに翻弄された結果であるように思うし、実際日本の成人男性は若い女が好きだし、子供を産むという身体的なことを考えても、「若い女」が重宝されるのはなんとなく、わかる。 だから、20代になったときからずっと、よくわからないまま、ることに、とても怯えていた。 昨年このブログを立ち上げた25歳の時はちょうどその節目だと思っていて、「24歳までは、若いから仕方ないね〜」で許されていた無知やミスが、許されなくなるんだろうな、と思っていた。 だから、知的にならなきゃ…、仕事は出来るようにならないと…、マナーは身につけなきゃ…。 もう、「分からない」で済まされないのだから頑張らないといけない。 頑張らないと。 そうやって、いっぱいの中で、がんじがらめのまま過ごしていた。 恋人は私とは反対な人で、心配性だけど、ぼーっと、やんわりしてて、許容範囲がひろくて、全部が、優しい。 その優しさのなかで甘やかされている間だけ、私はまだ幼くいられる。 これは、2ヶ月遅れで再びやってくれた誕生日ケーキ。 前回のときはライターもマッチもなくて、ロウソクがつけられなかったから、ずっと気になってたから…って、昨日突然くれた。 へへへ。 昨日は下北沢をプラプラした。 プラプラしつつ、テキトーに入った焼き鳥屋さん。 1本100円〜で、美味しかった。 金曜日は冷凍餃子を焼いた。 土井先生焼きにしてみたのだけど、ちょっと蒸しすぎたかな…新しいフライパンが欲しいなぁ 先週は中華街で水餃子。 餃子ばっか食べてるな… そんな昨日、休日の夜。 事情があって、久しぶりに一人だった。 いつの間にか、一人で入れるお店が減った気がする。 誰かと一緒に食べるご飯の美味しさを知ってしまった。 は、毎年食べてるのだけど、今年はいつもより少し美味しい気がした。 秋が始まって過ごしやすくなったから、 ひっそり昨日、彼と喧嘩してしまったから、 エモい日記を書きたくなった。 またね olgohan2525 5月連休明けの忙しさに押し殺されそうな日々の中、久しぶりにブログを書いてみようと思います。 前職は新卒で2年働いたので、今は社会人としては4年目。 今年、26歳になる。 気が付けばだし、女友達と顔を合わすたびに似たような話題があがる。 結婚式のご招待はまだ思ったより少ないけれど、ぼちぼち、これから増えると思う。 恋人はいて、薄ぼんやりと将来についても話している。 一年ほど、お互い様子見しつついつか、ずっと一緒にいられる関係性になれたら良いね、と話している。 幸せだと、思う。 幸か不幸か、今大きな会社のプロジェクトに3つ入っている。 それはそれほど大変なことではないし、もっと全然、多い人はいる。 ただ問題は業務の質や自分自身の性格、どこを立ててどこをボヤかせるのか、わからない。 優先順位をつけるのがど下手くそ。 現状としてはもう、とりあえず納期順。 「作業」と「考える」の仕事が同時並行にあると難しい。 時間は有限だ。 先輩に頼れるところは頼らなきゃいけない。 ただ、「頼られる」ことは嬉しいけど、「投げられる」はウザいものだ。 仕事をお願いする場合、「投げ」ちゃいけない。 どうしたら投げにならないのか、細かくお願いするくらいなら自分でやってしまう。 その方が「自分が」楽だから。 社会に出て4年目となるのに、いまだにそんなことができないでいる。 困った。 明日からまた、うちの部署で居残る最後の人になってしまう。 弊社は割と、皆んな定時近くで帰れている 仕事は大事だし、好きだ。 何かを考えることは楽しい。 やり遂げた時の快感もある。 ただ、私はチームプレイが極端に苦手だと気付いた。 お願いができない、むしろ巻き取れるとこは巻き取らなきゃと思っている。 一人で完結できないものが、とても苦手だ。 連休中は美味しいものをたくさん食べた。 ラムしゃぶの食べ放題が大好きだ 久しぶりに、に行った。 朝ごはんが豪華になる。 おいしいなぁ 暑くて暑くてどうしもなくて、ボートに乗った後はかき氷を食べたんだ。 体をひんやりさせた後は、レンタサイクルしたよ。 あぁ、気持ちがいいね もっと、上手く生きたいなぁ。 一生懸命頑張るけれど、疲れが先にきてしまわないように、上手く生きたいよ olgohan2525 金曜の夜、明日はいつもより少しだけ遅く起きてもいい日になる。 今週、というより今月?今期?に入ってからというもの上から新しい案件が降りかかってきて、同時に元々もってた仕事も回して、そんなに器用な方でもないものだから、昼飯休憩返上、残業残業アリガトウ〜って感じのオーバーワークで過ごしてました。 気が付けば転職して2年目、社会人は4年目。 よく言えば期待されているし、悪くいえば責任と仕事量が極端に増えた。 毎日毎日、どうしようもなく疲れている。 今日は高校の友人と落ち合って、久しぶりの19:30帰宅。 餃子をたらふく食べて、飲み放題食べ放題の4000円ぽっきり。 飲んべえには嬉しいけど、友人らはそれほど飲まないのでちょっと申し訳ない気持ちになった。 これは昨日の夕飯。 サラダ飯。 結局カロリーよりも食べる時間が問題なので、そこをどげんかせんといかんのだよな… 土日は恋人とピザを頬張りました。 お花見用に漬けておいたいちごがとてもいい感じだったよ。 結局夜桜鑑賞しかできなかったけれど、それはそれでよかった。 毎日の日課として、会社についたらまずのトップエントリを覗いていたのだけど最近はそれさえ出来ていない。 単発案件ならまだしも、定常化するなら今はキャパオーバーだよってことで本日上司にアラートを出した。 楽しく幸せに生きたいものです。 おやすみなさい、良い休日を… olgohan2525 を、選ぶ。 そうなるようにしたいな、と強く強く思っています。 今晩は、 olgohan2525 です。 ツンドにはもうちょっと生息しているけど、久しぶりにブログを書きにきました。 ここ最近は、ずっと不安定でした。 何が不安定って、至極ありふれていて、仕事とか、恋人とか、友人とか、そういったものの狭間で何度も何度も浮いたり沈んだりしていた。 ハッハッハッ。 要所要所にご飯はさんでくね。 これは友人のバースデー祝いにピザ屋きたときのやつ。 おいちい。 怒りながら食べた、ジョナサンのグラタン。 美味しかった。 興味ないのは承知で、備忘録として記載させてください。 ちょっぴりポエミーなのは許して。。 匿名個人の1アカウントの日記として見過ごしてほしいよ。。 / 2月20日に、恋人とお別れしました。 15年の10月から付き合って、二度目の冬を越して、二度目の春を過ごす前に、別れた。 理由は色々ある。 頼りないな、と思ってしまったこと。 転職や引越しなど、一番心身ともに弱ってた転機にそばにいてくれなかったこと。 料理をしても、家事をどれだけしてみても、「…ありがとうね。 」って、少し困った顔させてしまうこと。 彼は私に、ハナから興味などなかった。 それは告白された時から分かっていたことだし、彼も否定などしなかった。 それでもすごく大事にしてくれた、彼なりに向き合ってくれたけれど、ずっとずっと寂しくて、結婚の話がふんわり出たりもしたけれど、どこか違和感を感じていた。 ずっと。 この人とずっと一緒にいる未来が、とても不安だった。 彼と生きるということは、私は、一人で立ち続けなきゃいけないことだと感じた。 そんなの辛かった。 そんなのはいらなかった。 そんなの、一人でいるのとかわらないじゃない、と思ってた。 そんな微妙な心境を抱えていたなかで、今の恋人と親しくなった。 いつぞやの夕飯。 ヘルシー! 彼は職場の同僚で、初めは向こうの恋愛相談 恋活相談 を聞いてゲラゲラ笑ってるだけだった。 次第に趣味がドンピシャだったこと、生き方がとてつもなく似ていたこと、怖いくらい性格が似ていること、なんでも話せるようになった。 楽しくて、楽しくて、終電まで飲み明かすことも増えた。 そんなん乗り換えだろ、と言われれば否定は出来ない。 でも、何もなくても、いつかは別れた気がする。 このままじゃダメだよな、って思い続けていたきっかけをもらった。 実際、別れてすぐすぐに彼と向き合う余裕などなくて、返事を急されたことに苛立ちをぶつけたこともある。 今は無理、今は無理だよ、まだ切り替えられないよ。 セブンのフォーのやつ。 夕飯にちょうどよいよ だからゆっくり、ゆっくり仲良くなろう。 ちゃんと見るから、ちゃんと、今度は本当に気兼ねせず、恋愛対象として見るって伝えた。 平日は仕事終わりに、土日も一緒に過ごしてみて、先週末の日曜、やっぱり少し早いけど、彼氏彼女になった。 最初から惹かれてた。 だから会っていた。 終電乗り過ごして、朝まで飲み明かしたことも本当はあった。 たぶんずっと、いつかこうしたかったんだと思う。 ずるいね。 白菜と鮭フレークパスタ。 うーん、なかなかまあまぁ…な. お味…? 絶対バレたくないじゃんね、ってことでランチとか一緒にとるのはやめた。 レモンおろし醤油の唐揚げ。 このへんだと一番美味しい唐揚げかもなぁ。 なんか久しぶりにお弁当もつくった。 雑すぎるけど好きなもの詰め込んでるからいいんだ… 親しい友人への報告をしています。 別れた日から知ってる友人には、「結局かよ 笑 でもまぁ、そーなるよねぇ。 」って言われてそれ以上は聞かれなかった。 あー女同士の面倒くささと、共感の楽さよな。 なんだかんだこれ書くのに、片手にちまちまやってて3日経ってしまった。 さて年度末。 今月が終わる頃には、転職してちょうど1年。 キャパも裁量も技力も頭脳も全部全部伸ばせないと苦しい。 生きたいのだよ私は強く olgohan2525 テレビでが流れてるのですが、オタクなので全部「 レインボーライブ」でのお歌に脳内変換されます。 続編決定おめでとうキンプリ!今日はのリバル上映を見にいったから、予告にもでてきたよ〜ヒャッフー して、1月の頭に太ったから痩せなきゃ…と思いはや1ヶ月。 なんと!一昨日体重計にのったら……ー3kgだったんですよ!!!!!!!すごくない?! って思ったのもつかの間、その翌日の夜計ったら普通に1kgも痩せてなかったんだよね。 そんな簡単に痩せないか… 揚げ物食べないように、気をつけてはいるのですがなかなか難しいよう。。 これは木曜のランチ。 お肉屋さんのからあげ弁当! 金曜は有休頂き、夢の国に。。 普段パスタは1人用だしレンチンのやつ使うじゃん…2人分は難しいんや。。 夕飯は洋食屋さんに。 チキンのカツレツ〜!おいちい。 して、本日の。 美味しいものは脂肪と糖でできているって、辛い。 ほんとに。 明日からまたガツガツ働きます。 おやすみなさい。。 olgohan2525.

次の

きのう何食べた?

今日 何 食べる

日々、食事を作っていると、どうしてもメニューが定番化しがちです。 新しいレシピにチャレンジしたいけど、失敗したらどうしよう、手間がかかりそうだと躊躇してしまうことも。 しかし、定番メニューにアレンジを加えるだけなら簡単にできて、料理のレパートリーも広がります。 今回は食卓を彩る、アレンジを加えた主菜レシピを5つご紹介。 このレシピでは、材料に新ジャガイモを使用していますが、普通の男爵イモで構いません。 ゴマ油、ニンニク、ショウガ、豆板醤の香りが絶妙に絡み合い、食欲をそそられます。 お好みでニンジンやしらたきを加えるのもいいでしょう。 また合いびき肉を牛細切れ肉に代えても、美味しくいただけます。 ご飯のおかずとしてはもちろんのこと、お酒のおつまみとしても最適。 少し多めに作って、翌日のお弁当に入れても良さそう。 豚肩ロース肉をショウガ汁を合わせてよくもみ込み、さらに調味料の材料を加えて、もみ込むことで、より美味しくいただけます。 使用するお肉は、豚肩ロース肉や豚バラ肉に代えてもOK。 また付け合わせのキャベツに熱湯でサッとゆでたセロリを入れるのもポイントです。 セロリの食感と香りが、たまりません。 冷めてもお肉が堅くならないため、翌日のお弁当のおかずにもできて便利です。 豆腐の代わりにコンニャクを使用しても、食べ応えがあり、お腹いっぱいになります。 ダイエット中にもオススメな一品です。 トロミがついたら、仕上げにゴマ油を加えてひと混ぜし、器に盛っていただきましょう。 1日おいても、コンニャクに味がしみ込んで美味しくいただけますよ。 お弁当のおかずやおつまみとしても最適です。 お子様がいる場合は、豆板醤を省けば、辛くない麻婆コンニャクを味わえますよ。 そして、食べやすい大きさに切り、付け合わせのサラダ菜、プチトマトと一緒に器に盛り合わせれば完成です。 粒マスタードの酸味がしっとりしたささ身のアクセントとなり、ご飯が進みます。 辛い食べ物が好きなら、粒マスタードの量を多めにしてもいいでしょう。 晩酌のお供にも最高です。 仕上げにバターを加え、煮溶けたら器に盛りつけ、ドライパセリを散らしていただきましょう。 セロリ嫌いのお子様でもセロリの独特な香りがしないため、安心して食べることができそうです。 お好みできのこ類を加えるのもいいでしょう。 余ったロールキャベツにホワイトソースをかけて焼き、グラタンにして食べたり、ホワイトシチューの具にするのもオススメです。 定番料理に少しアレンジを加えるだけで、新しい味わいや食感を発見できます。 今回ご紹介した料理は、どれも翌日のお弁当のおかずにもなり便利です。 ぜひお試しください。 がおいしい! ゲストさん 22:15• がおいしい! みつぞーさん 22:04• がおいしい! ゲストさん 21:57• がおいしい! ゲストさん 21:52• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 21:39• がおいしい! ゲストさん 21:39• がおいしい! ゲストさん 21:37• がおいしい! ゲストさん 21:25• がおいしい! ゲストさん 21:24• がおいしい! ゲストさん 21:13• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:10• がおいしい! ゲストさん 21:10.

次の

KUUの今日は何食う!

今日 何 食べる

日々、食事を作っていると、どうしてもメニューが定番化しがちです。 新しいレシピにチャレンジしたいけど、失敗したらどうしよう、手間がかかりそうだと躊躇してしまうことも。 しかし、定番メニューにアレンジを加えるだけなら簡単にできて、料理のレパートリーも広がります。 今回は食卓を彩る、アレンジを加えた主菜レシピを5つご紹介。 このレシピでは、材料に新ジャガイモを使用していますが、普通の男爵イモで構いません。 ゴマ油、ニンニク、ショウガ、豆板醤の香りが絶妙に絡み合い、食欲をそそられます。 お好みでニンジンやしらたきを加えるのもいいでしょう。 また合いびき肉を牛細切れ肉に代えても、美味しくいただけます。 ご飯のおかずとしてはもちろんのこと、お酒のおつまみとしても最適。 少し多めに作って、翌日のお弁当に入れても良さそう。 豚肩ロース肉をショウガ汁を合わせてよくもみ込み、さらに調味料の材料を加えて、もみ込むことで、より美味しくいただけます。 使用するお肉は、豚肩ロース肉や豚バラ肉に代えてもOK。 また付け合わせのキャベツに熱湯でサッとゆでたセロリを入れるのもポイントです。 セロリの食感と香りが、たまりません。 冷めてもお肉が堅くならないため、翌日のお弁当のおかずにもできて便利です。 豆腐の代わりにコンニャクを使用しても、食べ応えがあり、お腹いっぱいになります。 ダイエット中にもオススメな一品です。 トロミがついたら、仕上げにゴマ油を加えてひと混ぜし、器に盛っていただきましょう。 1日おいても、コンニャクに味がしみ込んで美味しくいただけますよ。 お弁当のおかずやおつまみとしても最適です。 お子様がいる場合は、豆板醤を省けば、辛くない麻婆コンニャクを味わえますよ。 そして、食べやすい大きさに切り、付け合わせのサラダ菜、プチトマトと一緒に器に盛り合わせれば完成です。 粒マスタードの酸味がしっとりしたささ身のアクセントとなり、ご飯が進みます。 辛い食べ物が好きなら、粒マスタードの量を多めにしてもいいでしょう。 晩酌のお供にも最高です。 仕上げにバターを加え、煮溶けたら器に盛りつけ、ドライパセリを散らしていただきましょう。 セロリ嫌いのお子様でもセロリの独特な香りがしないため、安心して食べることができそうです。 お好みできのこ類を加えるのもいいでしょう。 余ったロールキャベツにホワイトソースをかけて焼き、グラタンにして食べたり、ホワイトシチューの具にするのもオススメです。 定番料理に少しアレンジを加えるだけで、新しい味わいや食感を発見できます。 今回ご紹介した料理は、どれも翌日のお弁当のおかずにもなり便利です。 ぜひお試しください。 がおいしい! ゲストさん 22:15• がおいしい! みつぞーさん 22:04• がおいしい! ゲストさん 21:57• がおいしい! ゲストさん 21:52• がおいしい! ゲストさん 21:44• がおいしい! ゲストさん 21:39• がおいしい! ゲストさん 21:39• がおいしい! ゲストさん 21:37• がおいしい! ゲストさん 21:25• がおいしい! ゲストさん 21:24• がおいしい! ゲストさん 21:13• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:12• がおいしい! ゲストさん 21:10• がおいしい! ゲストさん 21:10.

次の