提出遅れ お詫びメール。 信頼はお詫びメールで取り戻せる?誠意が伝わる謝罪文の書き方|お役立ちコラム|【導入社数7,000社突破】メルマガ・メール配信サービスの配配メール

メールで催促する時の角が立たないようにするビジネスマナー

提出遅れ お詫びメール

ビジネスにおけるメールでの謝罪のやり方 お詫びメールの例文を解説• 2019年3月10日• 2019年3月8日• , , , , , ,• 仕事をしていれば、皆一度はミスをすることがあるでしょう。 ミスをした場合、その対処法によってビジネスマンとしての信頼が保たれるか失われるかが決まってきます。 この記事では謝罪に関してメールでの対処法について、以下のような点を解説いたします。 ・お詫びのメールをするタイミング ・誠意あるお詫びのメール ・お詫びメールの例文 基本的にお詫びをメールだけで済ませるのは良くありません。 しかし、直接お客様と会えない場合やより丁寧に謝罪するためにメールで送る場合も多々あります。 メールでのお詫びの方法を身につけて、ビジネススキルを磨きましょう。 後にお詫びのメールを送る スケジュールの変更は仕事をそれぞれ持っている人にとっては迷惑な話です。 気づいた時点でスピーディーに対応することが大切です。 自分のミスであることを潔く認め、お詫びしましょう。 自分は軽く考えていても相手を起こらせてしまうこともあるので、コミュニケーションをしっかり適切にとることが大切です。 誠意のあるお詫びメールをする際のポイント 問題の経緯を説明する どうして問題が起こったのか、その経緯を説明することで相手の気持ちを落ち着かせます。 このとき、相手に多少の落ち度があったとしても、そのことには触れず、自分が謝罪する体勢を保つことが大切です。 相手の気持ちを逆なでするような言い回しや誤解を与える文章は避けます。 端的に問題の経緯と対策を明記することが大切です。 お詫びメールで言い訳をしない お詫びのメールでやりがちなのが、自分のミスではあるけれども不可抗力によるところもあり、100%自分だけのミスではないと主張することです。 その気持ちは分かりますし、それが真実かもしれません。 しかし、相手は怒っているのです。 そのときに色々な言い訳を言われても耳には入りません。 それどころか火を注ぐ結果となってしまう可能性も考えられます。 自分の気持ちは納得していなくても、 お詫びのメールは言い訳をせず、潔く謝る姿勢を見せましょう。 謝罪の際、反省と改善策を添える ただ謝るだけでは相手は納得しないかもしれません。 重要なのは、ミスをした本人が本当に反省しているのか、そして今回起こったことに対して、今後どう対応していくのか、ということです。 ここがきちんとできているとビジネスマンとして信頼を持続できます。 自分が悪かったことをしっかりと文面でも分かるように反省の意を述べ、今後同じミスを繰り返さないための改善策や心がけを最後に明記します。 そして、改めて「今回は迷惑をかけて申し訳なかった」という気持ちを綴りメールの締めくくりとします。 当方の手違いが原因でご迷惑をおかけしております。 遅くなり申し訳ございませんが、本日、ご注文の品を発送いたしました。 今後はこのような事態が起こらぬよう、社内でも納期管理を徹底してまいります。 何卒、今後ともお付き合いいただければ嬉しく存じます。 この度はまことに申し訳ございませんでした。 心よりお詫び申し上げます。 早速、代わりの良品を発送させていただきます。 お手元にございます商品につきましては、お手数ですがご返送をお願いいたします。 着払いにて商品をご返送いただきたいと存じます。 不良品を送付してしまい、ご迷惑をおかけした上に、お手数をおかけして 大変申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。 この度はまことに申し訳ございませんでした。 先日、お見積もりいただいた商品Aにつきまして 当方で確認いたしましたところ、私どものミスで正式に発注手続きが できておりませんでした。 大変申し訳ございません。 先ほど、正式な発注手続きを行いましたのでお詫びと共に ご報告させていただきます。 この度はこちらの不手際で、今しばらくお待ちいただくことになり、 ご迷惑をおかけします。 何卒よろしくお願いいたします。

次の

就活の書類が遅れた時の添え状のお詫びの文例3選!手書きでも良い?

提出遅れ お詫びメール

この記事のまとめ• 謝罪・お詫びメールの基本 謝罪やお詫びのメールでは言葉遣い、迅速な連絡、相手への誠意、そして今後の対応の4点が重要となります。 それぞれのポイントをしっかりと押さえ、相手に謝罪の気持ちが伝わる文章の作成を心がけましょう。 基本は「失念しておりました」 連絡忘れの原因に対して、忘れていたとストレートに書くのは望ましくありません。 場合によっては相手の感情を逆撫でしてしまうこともあります。 「失念」は「忘れる」の謙譲語であり、うっかり忘れていたことを丁寧に表現した言葉です。 そのため謝罪メールでは「忘れていました」ではなく、「失念しておりました」と書くのが無難です。 できる限り迅速にメールを送る 連絡忘れに気がついたら、できる限り迅速にメールを送って対応します。 できれば現在取りかかっている仕事を中断してでも送るべきでしょう。 時間の経過に伴い相手の不快度は増していき、連絡しづらくなるものです。 もちろん、電話で直接謝罪したほうが良いケースもあります。 やむを得ず電話できない場合はメールで対応するというように、状況に応じて優先順位を設定しましょう。 誠意を持って文章を書く 連絡忘れは当然ながら忘れた側に非があります。 そのため、謝罪の気持ちが文章に表れるよう真心を込めて書くようにしましょう。 連絡忘れによって相手に迷惑をかけるポイントはさまざまです。 ポイントをきちんと把握して謝罪に含めると、考えなしに謝っているわけではないことを示せます。 連絡忘れで約束を反故にしたことで相手の時間や労力を無駄にしたのであれば、その点を含めて書くようにしましょう。 謝罪と今後の対応を伝える 連絡忘れの内容によっては、今後の対応を決めなければならなりません。 あらためて直接謝罪に伺うこともあれば、再度打ち合わせの席を設けて欲しいという状況もあり得ます。 謝罪だけして次にとるべき対応を放置することはビジネス上ではまずあり得ません。 今後の対応を考え、相手に理解してもらうことが大切です。 謝罪・お詫びメールの書き方 これまでに紹介した4つの基本を押さえたうえで、謝罪メールの具体的な書き方を見ていきましょう。 基本のポイントがひとつでも欠ければ、誠意のない文章に見られてしまう可能性があります。 しっかりとポイントを踏まえたうえで、心を込めて書くようにしましょう。 件名・宛名の書き方 相手がすぐにお詫びのメールだとわかるよう、シンプルでわかりやすい件名を心がけます。 宛名は相手の所属する会社名や部署名から省略せずに記載します。 名前もフルネームで記載し、丁寧な印象を与えるように努めましょう。 もちろん、名前の誤記は厳禁です。 名刺と照らし合わせるなど再度確認することが重要です。 挨拶文の書き方 本文の始めには挨拶文を書くことが一般的です。 ビジネス上での取引相手に送るメールでは「お世話になっております」を使うことが多いでしょう。 続けて自身が所属している会社名と所属名、そして氏名を名乗ります。 メールの最後に署名があるから名乗りは不要ではないか、と考える人もいるかもしれません。 しかし、最後まで読まないと誰のメールかわからないというのは相手の手間になります。 最初に名乗るよう心掛けましょう。 謝罪・お詫びの言葉 挨拶文のあとに突然謝罪の言葉を入れると、相手に唐突な印象を与える可能性があります。 」といったように謝罪文を記述しましょう。 連絡が遅れた原因について お詫びの言葉に続けて、連絡が遅れた原因を記載します。 ミスが起きた原因をきちんと記載すれば、相手に謝罪の意を受け取ってもらいやすくなります。 その反対に、原因の説明が不明瞭なままでは、何かごまかしているという印象を相手に与えかねません。 また、原因を提示しておくと、次に紹介する対応策や改善策につながりやすくなります。 今後の対応・改善策の提示 今後の対応や改善策の提示は、起きてしまったミスをくり返さないという誠意の表れにつながります。 また、今後も信頼関係を持てる相手かどうかという先方の不安を解消できるでしょう。 「今後は部署間のスケジュール共有を徹底し、連絡漏れが生じないように致します」というように、対応や改善策は原因と結びついたものであることが大切です。 結びの言葉 通常のメールでの結びのように、ただ「宜しくお願い致します。 」とだけ記載するのはNGです。 「お詫びは済んだので今後ともよろしく」という一方的な印象を与える可能性があります。 「この度の不手際につきまして、謹んでお詫び申し上げます」といったように、もう一度お詫びの言葉を重ねて、お詫びメールとしての結びの言葉に代えましょう。 謝罪・お詫びメールの例文 謝罪やお詫びのメールの書き方は、送る相手によって多少異なります。 しかし、どの相手であっても、基本的なポイントは同じです。 ここからは、企業、個人、社内と3パターンのメールの例文を挙げ説明していきます。 企業宛メールの例文 謝罪やお詫びメールの多くは、社外宛てです。 相手に失礼のないよう、細心の注意を払って作成しましょう。 この度は貴重なお時間を割いて頂いた打ち合わせを反故にしてしまい、誠に申し訳ありませんでした。 今回、日程変更の連絡を失念しておりましたのは弊社内での情報共有が不徹底だったことに依ります。 今後は弊社チーム内での連絡調整を密に行い、同じミスを繰り返す事のなきよう注意致します。 つきましては、近日中にあらためて御社へ訪問させて頂き直接謝罪させて頂ければ幸いです。 また、その際に再度打ち合わせをさせて頂けないでしょうか。 この度の不手際につきまして、心よりお詫び申し上げます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 ミスの原因が個人にある場合も、社内体制にある場合も、きちんと記載しましょう。 改善策とともに示し、誠意を見せることが大切です。 個人宛メールの例文 同じ社外宛てであっても、個人宛ての謝罪メールはさらに注意が必要です。 特に、顧客の場合は感情的になっている可能性もあります。 この度は弊社の商品の件でお詫びを申し上げたく、ご連絡いたしました。 先日ご注文いただきました商品につきましては誤配送、到着遅延により 不安を与えてしまいましたこと、大変申し訳ございませんでした。 また、配送先の確認に時間がかかりお詫びを申し上げるのが遅くなりましたこと、 重ねてお詫びいたします。 弊社の配送手順にエラーがあったため、今回の誤配送が生じた次第です。 既に作業手順は見直しを行い、配送スタッフ全員に作業手順を徹底しております。 今回の件につきましては、さぞ不快な思いをされたかと存じます。 改めまして、ここに心よりお詫び申し上げます。 今後とも弊社製品につきまして、変わらぬご愛顧をいただけると幸いでございます。 相手の怒りや不安など、迷惑をかけたポイントを理解する文章を心がけて、信頼の回復に努めることが大切です。 社内宛メールの例文 社内に宛てた謝罪メールでも、誠意を持って作成することが大切です。 特に、相手が目上の場合には敬意が伝わる文面となるよう心がけましょう。 先日の部内会議の件で、お詫びがありメールいたしました。 記念事業におけるプランB案に関しまして、部内会議への提出が遅れてしまいましたこと、誠に申し訳ありませんでした。 役員会でプランがAからBに変更された情報が、休暇を取得していた当課の担当者まで共有できていませんでした。 変更の情報は私から担当者へ伝達する予定でした。 しかし、その後に別の業務対応が重なってしまい、私が連絡を失念してしまったのが直接の原因です。 以後同じ過ちを繰り返さぬよう、会議での伝達事項については課内のネットワークに掲載し、情報共有の徹底を図ります。 この度はご迷惑をおかけしましたこと、大変申し訳ございませんでした。 社内宛ての場合でも、お詫び、原因、対策といった記載の流れは同じです。 一方、「お疲れ様です」のように挨拶文などは社内向けに変更しても良いでしょう。 まとめ 連絡忘れによる謝罪メールは、何よりも誠意を持って書くことを心がけましょう。 誠意の見せ方にはポイントがあります。 紹介した内容を参考に、心を込めて文章を書くようにしましょう。 もちろん、そもそも連絡忘れをしないに越したことはありません。 社内や部内のメール共有、管理システムがしっかりしていれば対応状況を全員が共有できるので、返信漏れや、未対応のメールをすぐに確認することができます。 は、11年連続シェアNo. 1、国内で一番選ばれているメール共有、管理システムです。 フォルダとステータスの二軸管理が可能で、未対応メールをすぐに把握することが可能となっています。 連絡忘れに悩んでいるのであれば、まずはメールディーラーの無料トライアルを試してみてはいかがでしょうか。

次の

郵送物が遅れた場合の上手な対応法は?

提出遅れ お詫びメール

「謝罪メール」の書き方のポイント 謝罪メールだけでは不十分なケースもある ビジネスで謝罪する場面は数多くありますが、ミスの内容や度合いによって、電話や手紙で謝罪したり、相手先に訪問して謝罪したりするなどさまざまなケースがあります。 メールで謝罪する場合でも、「のちほど改めてお電話をさせていただきます」と添えて、ひとまずの第一報をメールで入れ、その後電話で謝罪が必要な場合もあります。 謝罪の場面では、まず相手の気持ちになって考え、適切な対応を選ぶとともに、迅速な対応をとるように心掛けることが大切です。 「お詫びの言葉」で始め、「お詫びの言葉」で結ぶ メールで謝罪する時は、書く順序が大切です。 お詫びの言葉を尽くしますが、言い訳などの余計な事は書かず、簡潔に記すこともポイントです。 相手から連絡が入っての謝罪の場合は、連絡をいただいたお礼も忘れずに述べます。 謝罪メールの「返信」は簡潔に 謝罪メールを受け取った時は、気にしないようにと伝えるために返信することもあります。 そのような時は、これで終了しましょう、という意味を伝えるためにも、長々と書かずに簡潔に記すとよいでしょう。 例:「ご丁寧なメールをいただき、ありがとうございます。 お互い様でございますので、却って恐縮しております。 今後ともよろしくお願いいたします。 」 「謝罪メール」の構成と書き方 謝罪メールの書き方を「件名」「挨拶の言葉」「本文」「締めの言葉」の構成ごとに説明します。 「件名」:何のお詫びか一目でかわる件名をつける 謝罪メールの件名には、何のお詫びなのかが一目でわかる件名をつけます。 例えば「お詫び」だけでなく「〇〇のお詫び」というように具体的に内容を示します。 「挨拶の言葉」:感謝の言葉 出だしは、通常のメールと同じように「いつもお世話になっております」などの感謝の挨拶文を書きます。 返信メールであれば「ご連絡いただき、ありがとうございます」と連絡をいただいたことへのお礼を述べます。 「本文1」:お詫びの言葉 挨拶の言葉のあとの本文には、まずお詫びする内容の説明と謝罪の言葉を書きます。 「このたび〇〇が発生し、ご迷惑をおかけいたしまして誠に申し訳ございません。 」などです。 「本文2」:原因と解決策の報告 次に事態が起こった原因の報告と、今後の解決策を示します。 なぜこのようなことが起こったのかを説明することで納得していただき、すでに対策をとったことを報告して安心していただくためです。 「〇〇が原因であることが判明いたしました。 」「今後はこのようなことがないよう、〇〇の対策をとります。 」などのように書きます。 「締めの言葉」:もう一度お詫びの言葉 締めの言葉は「このたびの件につきまして、謹んでお詫び申し上げます。 」などと、最後にもう一度お詫びの言葉を述べて、礼を尽くします。 「謝罪メール」のビジネス例文 状況別に、謝罪メールの例文を紹介します。 サービストラブルのお詫び(複数のお客様あて) 件名:〇〇サービス システムトラブルのお詫び お客様 各位 日ごろより、弊社〇〇サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。 このたび〇月〇日から〇月〇日にかけて、サービスの一部がご利用いただけない状況が発生しておりました。 お客様には大変ご迷惑をおかけしまして、申し訳ございません。 原因を調査しましたところ、弊社のシステムに障害が発生したことによる不具合であったことが判明いたしました。 〇月〇日中には不具合を解消し、正常にサービスがご利用できる状態になっておりますのでご安心くださいませ。 今後このようなことがないよう、現在、システムの見直しを行っております。 このたびはご迷惑をおかけしましたことを、心よりお詫び申し上げます。 今後も変わらぬご愛顧を賜りますよう、お願い申し上げます。 (メール署名) 製品が破損していたことへのお詫び(お客様あての返信) 件名:【〇〇破損のお詫び】Re:〇〇が壊れていました 〇〇様 ご連絡をいただきましてありがとうございます。 このたびは、お買い上げいただきました弊社の商品が破損していたとのこと、大変申し訳ございません。 ご不快な思いをさせてしまいましたことを心からお詫び申し上げます。 ただいま状況を確認いたしましたところ、配送センターの担当者の不注意で取り扱いにミスがあったことが判明いたしました。 まことに申し訳ございません。 今後はこのような不手際が起きないよう、配送手順の徹底をスタッフ全員に指示したところでございます。 明日はご在宅とのことですので、〇月〇日、午前中着の便にて、新しい商品を手配させていただきました。 度々のお手数をおかけいたしますが、何とぞお受け取りのほど、お願いいたします。 このたびの件につきまして、深くお詫び申し上げるとともに、ご連絡いただきましたことへのお礼を申し上げます。 今後とも、弊社製品のご愛顧を賜りますようお願いいたします。 (メール署名) 連絡忘れをしていたことの上司へのお詫び 件名:〇月〇日ご連絡漏れのお詫び 〇〇部長 お疲れ様でございます。 実は〇月〇日に送りましたメール「件名:〇〇のご連絡」の内容に、連絡漏れがございました。 初歩的なミスで大変申し訳ございません。 すでにご連絡済であると勘違いしたことが原因です。 大変失礼いたしました。 今後はこのようなことが無いよう、ご報告内容を時系列で管理してまいります。 お手数ですが、下記事項の追加をお願いいたします。 ・… ・… ご面倒をおかけし、申し訳ございません。 本日、〇月〇日〇時に私からお送りしたメール(件名:〇〇について)は、誤送信でございます。 社内の者へのメールが突然送られ、困惑なさったのではないかと存じます。 まことに申し訳ございませんでした。 大変お手数ですが、破棄してくださいますようお願いいたします。 今後はこのようなことがないよう、十分注意してまいります。 不手際をご容赦くださいませ。 大変失礼いたしました。 〇〇です。 さきほどお送りしたメールに添付ファイルをつけるのを失念しておりました。 大変失礼しました。 改めてファイルを送りますので、ご確認をよろしくお願いいたします。 今後このような初歩的なミスがないように気をつけてまいります。 申し訳ございませんでした。 txt」 ーーーーーーーーーーーーーーーー (メール署名) 「お詫びの言葉」のフレーズ集 謝罪の表現には、過失の度合いに適した言葉使いがあります。 過失や状況の軽重ごとに、一般的なフレーズを紹介します。 「軽い謝罪」に適したフレーズ• 失礼しました。 例:お返事が遅くなり、失礼しました。 申し訳ありません 例:ご連絡が遅れてしまい、申し訳ありません。 お詫びいたします。 例:ご迷惑をおかけしましたことをお詫びいたします。 反省しております。 例:私の考えが及ばなかったことを反省しております。 私の不注意で 例:私の不注意でご迷惑をおかけしたことをお詫びいたします。 お許しください。 例:不手際がありましたことをお許しください。 「中程度の謝罪」に適したフレーズ• 大変/まことに失礼いたしました。 例:行き違いがございまして、大変失礼いたしました。 申し訳ございません。 例:ご連絡が遅れてしまい、申し訳ございません。 お詫びの言葉もございません。 例:ご心配をおかけしてしまい、お詫びの言葉もございません。 ご迷惑をおかけいたしました。 例:このたびはご迷惑をおかけいたしまして、まことに申し訳ございません。 「重い謝罪」に適したフレーズ• ご容赦くださいますようお願い申し上げます。 例:この度の件につきまして、何とぞご容赦くださいますようお願い申し上げます。 心より謝罪いたします/謝罪申し上げます。 例:製品に不具合がございましたこと、心より謝罪申し上げます。 謹んでお詫び申し上げます。 例:このたびの弊社の不手際を大変申し訳なく存じます。 謹んでお詫び申し上げます。 猛省しております。 例:ご迷惑をおかけしましたことを、関係者一同猛省しております。 弁解のしようもございません。 例:このたびの弊社の不手際につきましては、弁解のしようもございません。 まとめ ビジネスにはトラブルがつきものです。 謝罪する場面は日常的に発生しますが、トラブルの重さや状況を判断して、適切な謝罪方法を選択することが重要です。 特にお客様への謝罪では、状況によってはメールのみの謝罪は伝え方を間違うとさらに大きなトラブルに発展する可能性があります。 メールとあわせて電話や書面での謝罪なども同時に検討し、柔軟な対応を心がけましょう。

次の