くろ つ ち ネム。 ダイエットが捗る無料スマホアプリ3選+α

ネム(XEM/NEM)の今後・将来性を分析|2020年にはいくらになる?

くろ つ ち ネム

NEM(ネム)の概要 NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称として周知が始まりました。 現在はその略称というよりもNEMという固有名詞としての周知へと進路を転換させる動きもあるようです。 金銭的な自由、分散化、(機会の)平等主義と公平性、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。 2014年1月19日、にてutopianfutureというハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました。 2019年1月23日に発信されたによると、2014年1月23日にはNEMがNXTの単なるコピーとして出発させられようとしていたようです。 彼がその日に開発者として誘われたことによって現在の独自のNEMが誕生したと言っても過言ではないでしょう。 ちなみに最初のタイムスタンプは2015年3月29日(日本時間、同日9時6分25秒)なのでその日が"誕生日"です。 また、1600人というのは正確にはメールアカウント数(bitcointalkアカウント数)ということで、実際は1人が複数口数のXEMを受け取っている可能性はあります。 各種手数料 XEM送金:10,000XEMあたり0. 05XEM(上限:1. 25XEM) メッセージ送信:32byteあたり0. 05XEM(メッセージを添付する場合のみ) モザイク送信:0. 05XEM(小数点以下なしの場合100モザイクまで、上限:0. 15XEM マルチシグ変更手続き:0. 05XEM その他、モザイク供給量の変更や署名などの手数料:0. 15XEM コミュニティ投票への投票:0. 05XEM コミュニティ投票の作成:0. 3現在) 公式サイト: NEMのPoI Proof-of-importance の優位性 NEMは莫大な資金を使って採掘システムを構築するような一部の採掘者やグループに報酬が偏ってしまうことのないように設計された最初の暗号通貨になります。 アカウントには インポータンス(重要度)というPoIスコアが付けられるようになっており、保有しているXEMの残高も重要ですが、それだけではなくPoIスコアが高いほどハーベストに成功して報酬が得られる確率が高くなるように作られています。 インポータンスを上げるには、NEMのネットワークに積極的に参加(XEMのやりとりが活発)する必要があるので、頑張った人には頑張った分だけ機会が増えるようになっています。 みんなが払った手数料をもらう作業をすること。 bitcoin等でいうマイニング。 トランザクションをブロックにまとめてブロックチェーンに記録するとまとめたトランザクションが払った手数料がもらえる。 それができる人はおよそ1分に1回Importanceを元にランダムで決まる。 ウォレット内の残高だけでなく、トランザクション(入出金)の頻度などからPoIスコア(あなたの重要性)が計算されるので、財力のみに偏ってない点に好感が持てるかもしれません。 ハーベスティングには、PCを立ち上げたままで行う ローカルハーベスティングと、PCの電源を落としてもよい 委任(デリゲート)型のハーベスティングがあります。 委任とはスーパーノードと呼ばれる任意の上位ノードにハーベスティングを委任することでハーベスト報酬を得られるものです。 ハーベスティングをするには 1万XEM以上の残高が必要で、さらに日を追うごとに少しづつ上昇していく「既得バランス」が1万XEMを超えてからようやくハーベスティングに参加できる資格を得ます。 なぜ委任ハーベスティングはPC電源オフでも可能なのか? デリゲートハーベスティングでは、実際にハーベスティングを始める前に、NEMブロックチェーン上にトランザクションを送信します。 このトランザクションは、自分自身のアカウント(以降、「本体アカウント」)が保有するImportanceを「代理アカウント」にマッピングします。 これにより、代理アカウントは本体アカウントが保有するImportanceを利用して、ハーベスティングに参加することができるようになります。 より スーパーノードとは スーパーノード(SN)とは、通常ノードの上位版のような考え方で良いと思います。 但し、スーパーノードになるには、 300万XEM以上の保有や常にチェーンが同期されていること、最低秒間2000回繰り返しでハッシュ可能であること、NISのバージョンが最新であること、などが条件となっており、1日に4回のチェックにパスすると報酬をもらうことができます。 もしあなたがスーパーノードになった場合、自分に委任ハーベスティングする形になりますので、通常のハーベスト報酬を得ることもできます。 2017年7月現在では300XEM前半くらいが毎日支払われています。 山分けなので、スーパーノードの数が多いほど1SNあたりの報酬額は少なくなります。 スーパーノードはNEMネットワークの中核を担うノードでもあり、例えば 委任ハーベストの委任を受ける側になる存在であることから、運用者はセキュリティ面を含め監視・管理する意識があるべき存在だと思われます。 スーパーノード報酬が枯渇したら? 心配する必要は全くありません。 枯渇問題はきちんと議論されています。 A:(枯渇するであろう時期の)2020年を過ぎてもまだネットワークがスーパーノードを必要とするのであれば、(報酬付与する)期間を延長するでしょう。 私たちにはそのファンドがあります。 より NEM. io財団 NEMのコミュニティ2016年12月に国際的な親組織とするべく、シンガポールに保証有限責任会社であるNEM. io Foundation Ltd(NEM財団)を設立し、各国や地域に支部を作っていくことになりました。 国々の支部は、シンガポールの財団が定めた慣習に従う義務があります。 支部の構成員は集まってコミュニティを組織するだけにとどまらず、ビジネス、学問的研究や地域の政府などに携わり、その地域での教育的イベントやワークショップを開催していく方向です。 2019年、新しい財団に生まれ変わり再スタート 2018年12月に組織改革のための選挙が行われ、新たにアレックス・ティンスマン氏(米)が代表に選ばれました。 彼女は2017年6月から「Inside NEM」という番組をYouTubeで配信していました。 新しい組織では、これまでマーケティングや教育中心だった方針から大きく方向転換し、コミュニティ中心主義かつ プロダクト特化型となります。 そうすることでNEMネットワークの根幹である技術開発により力が集約され、実需を増やす(ビジネス採用やトランザクションの増加)ことに直結していくので、大きな期待が寄せられています。 尚、NEM財団はNEMの普及や採用を促す独立した組織であり、 NEMというブロックチェーンプラットフォームの開発に直接関わっている組織ではありません。 NEMにはコミュニティファンドというものがあり、あるプロジェクトがそこから資金調達すべく、コミュニティ意思を確認するための投票などが行われたりします。 PoI投票とも呼ばれ、単純にYes票が多いかNo票が多いかだけではなく投票者のPoIスコアも加味されます。 また、この投票はホワイトリストを作成する(作成時に投票タイプをPoIからWhite Listにする)と、任意のアカウントアドレスだけが投票に参加できるように設定可能です。 NEMコミュニティファンドDAO NEMにはコミュニティファンドというものがあります。 規定の手順や条件にそって申請し、コミュニティ投票で可決、コミュニティファンド委員会投票で可決すると、マイルストーンに対して財団より資金の支払いを受けることができます。 テックビューロ株式会社とNEMは、プライベートブロックチェーンmijinとパブリックブロックチェーンNEMとの両方で稼働する新型のウォレットアプリケーション「Nanowallet」をオープンソースとして公開。 またその一機能として、世界初となる、所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できるツール「Apostille(アポスティーユ)」を実装し、誰にでも使えるツールとして提供開始しました。 2016. 1:土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記 2:議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録 3:売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録 今後、ワンステップで複数社の署名による証明書を生成し、オンラインでの契約締結を誰でも容易に行えるようにするなどのアップデートも予定されているようです。 アポスティーユ(Apostille)ホワイトペーパー日本語訳 クリプトストリームにて日本語訳をいたしました。 以下より無料で全文閲覧いただけます(PDF版あり) Catapult(カタパルト)とmijin 日本の取引所Zaifの旧運営会社「(現在は)」が開発したプライベートブロックチェーン「」はNEMの技術をもとにしており、2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたりmijinを採用することが発表されるなど注目を高めました。 2018年5月には次期バージョンmijin v. 2 Catapult の一般公開がはじまりました。 Catapultはプライベートチェーンmijinで一定の運用を経た後に、 パブリックチェーンである本家NEMにも2019年後半を目途に実装されるべくいます。 Catapultを実装することで、NEMはNEM2となり、 真価を発揮することが期待されます。 CatapultでNEMは秒間4000件のトランザクション処理は間違い これはあくまでもプライベートチェーンの場合の数値で、 パブリックチェーンのNEMではそれほどの処理数には対応できません。 対応するには強力なノードが必要になり、ノード運用者の負担が増えると運用意欲が落ちるので、ノードの分散化には向いていないと、います。 Catapultの新機能 アカウントフィルタ 許可したアドレスからだけ送信を受けることができます。 同様に、受信したくないアドレスをリスト化することもできます。 また、許可したモザイクが添付されている場合だけ受信を許可したり、ブロックリストにあるモザイクを含んだトランザクションの拒否も可能です() マルチレベル・マルチシグネチャ マルチシグアカウントは10連署者までを設定可能です。 アカウントは5マルチシグアカウントまでの連署者として設定可能です。 マルチシグアカウントは3階層まで、他のマルチシグアカウントを連署者にすることができます。 共にレンタル期間の更新は1年単位でしたが、承認済みブロック数を指定することで自由に期限を設定でき()、また、モザイクは期限切れのない設定にすることも可能となります() アグリゲートトランザクション 複数のトランザクションを一つにまとめ、トラストレスな交換や高度なロジックを可能にします。 この機能により、他者が送信する際の送金手数料を第三者が代わりに負担することまで可能となります() 例えば、モザイクをトークン化されたゲームアイテムやポイントサービスのポイント等として利用するとして、現状では付与されたユーザーがXEMを保有していなければ送信することができないデメリットがありますが、運営会社が手数料を負担することで、ユーザーはXEMを保有することなく(NEMのことを知らなくても)、それらのサービスを利用することが可能になります。 クロスチェーンスワップ トランザクションの過程に第三者(例えば取引所 が入ることなく、異なるブロックチェーン間でのトークントレードを可能にします() XEMとETHといった異なるチェーン間での交換だけでなく、プライベートチェーンmijinが使われたサービスで発行されたトークンとパブリックチェーンNEM上のトークンを交換すること()までも可能となります。 例えば、EthereumのDappsとして開発されたゲーム上で発行されたERCトークンベースのデジタルアイテムと、NEMをプラットフォームとして開発されたゲーム上で発行されたモザイクセットがベースとなったデジタルアイテム(ステーブルコインでも)を第三者の関与なしに交換できることにもつながります。 mijinとCatapult、その他の情報 テックビューロ株式会社では、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が「ブロックチェーン連携プラットフォーム」プロジェクトにおいて、一般に公募したブロックチェーン情報提供依頼に対して、弊社製品mijinの製品資料を本日提出いたしました。 当プロジェクトは、全銀協の会員企業である金融機関における実証実験の実施を容易化することが目的です。 他社製品に比べ既に実用性が高く、圧倒的にコスト削減を可能とするmijinは、その趣旨に合うものであると弊社で判断し、今回のmijinとしての応募と相成りました。 それに際しまして、一般的にはまだ公開をしていなかった、mijinとNEMとで共通して今後全面的に推し出す2つのコンセプトである「On-Chain Asset Modeling(オンチェーン・アセット・モデリング)」と、「Smart Signing Contract(スマート・サイニング・コントラクト)」を、本プロジェクトに提出した資料を持って一般にも公開させて頂きます。 本コンセプトは、2017年5月にニューヨークで開催されるブロックチェーン展示会における、NEMとの共同によるブース出展と共に欧米マーケットにも正式に発表されました。

次の

東広島市西条駅前の老舗レストラン「くろんぼ屋」

くろ つ ち ネム

Q ネムとは何ですか? A ブロックチェーンのプラットフォームを目指しており、ビットコインやイーサリアムの欠点を補う柔軟性を持っています。 参考: Q ネムには、どのような特徴がありますか? A XEMを保有していると、承認作業ハーベスティングに参加できます。 また、ビットコインのようにマイニングの必要がないため、エコなブロックチェーンシステムと言えます。 参考: Q ハッキングされたようですが、大丈夫ですか? A ネムに問題があったわけではなく、ウォレットの管理方法に問題がありました。 なお、被害者には補填が行われました。 参考: Q ネムの重要な材料はなにがありますか? A カタパルトという技術が公開されると、大幅な処理速度やセキュリティの向上が期待されています。 Q ネムはいくらから取引できますか? A 10円程度から取引が可能です。 DMM Bitcoin、GMOコインでレバレッジ取引もできます。 暗号資産 ビットコイン 取引&利用入門• 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

東広島市西条駅前の老舗レストラン「くろんぼ屋」

くろ つ ち ネム

NEM(ネム)の概要 NEMはもともとNew Economy Movement(新しい経済運動)の略称として周知が始まりました。 現在はその略称というよりもNEMという固有名詞としての周知へと進路を転換させる動きもあるようです。 金銭的な自由、分散化、(機会の)平等主義と公平性、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標としてはじまった仮想通貨(暗号通貨)のプロジェクトです。 2014年1月19日、にてutopianfutureというハンドルネームの人物により企画が持ち上がり、2015年3月31日に公開されました。 2019年1月23日に発信されたによると、2014年1月23日にはNEMがNXTの単なるコピーとして出発させられようとしていたようです。 彼がその日に開発者として誘われたことによって現在の独自のNEMが誕生したと言っても過言ではないでしょう。 ちなみに最初のタイムスタンプは2015年3月29日(日本時間、同日9時6分25秒)なのでその日が"誕生日"です。 また、1600人というのは正確にはメールアカウント数(bitcointalkアカウント数)ということで、実際は1人が複数口数のXEMを受け取っている可能性はあります。 各種手数料 XEM送金:10,000XEMあたり0. 05XEM(上限:1. 25XEM) メッセージ送信:32byteあたり0. 05XEM(メッセージを添付する場合のみ) モザイク送信:0. 05XEM(小数点以下なしの場合100モザイクまで、上限:0. 15XEM マルチシグ変更手続き:0. 05XEM その他、モザイク供給量の変更や署名などの手数料:0. 15XEM コミュニティ投票への投票:0. 05XEM コミュニティ投票の作成:0. 3現在) 公式サイト: NEMのPoI Proof-of-importance の優位性 NEMは莫大な資金を使って採掘システムを構築するような一部の採掘者やグループに報酬が偏ってしまうことのないように設計された最初の暗号通貨になります。 アカウントには インポータンス(重要度)というPoIスコアが付けられるようになっており、保有しているXEMの残高も重要ですが、それだけではなくPoIスコアが高いほどハーベストに成功して報酬が得られる確率が高くなるように作られています。 インポータンスを上げるには、NEMのネットワークに積極的に参加(XEMのやりとりが活発)する必要があるので、頑張った人には頑張った分だけ機会が増えるようになっています。 みんなが払った手数料をもらう作業をすること。 bitcoin等でいうマイニング。 トランザクションをブロックにまとめてブロックチェーンに記録するとまとめたトランザクションが払った手数料がもらえる。 それができる人はおよそ1分に1回Importanceを元にランダムで決まる。 ウォレット内の残高だけでなく、トランザクション(入出金)の頻度などからPoIスコア(あなたの重要性)が計算されるので、財力のみに偏ってない点に好感が持てるかもしれません。 ハーベスティングには、PCを立ち上げたままで行う ローカルハーベスティングと、PCの電源を落としてもよい 委任(デリゲート)型のハーベスティングがあります。 委任とはスーパーノードと呼ばれる任意の上位ノードにハーベスティングを委任することでハーベスト報酬を得られるものです。 ハーベスティングをするには 1万XEM以上の残高が必要で、さらに日を追うごとに少しづつ上昇していく「既得バランス」が1万XEMを超えてからようやくハーベスティングに参加できる資格を得ます。 なぜ委任ハーベスティングはPC電源オフでも可能なのか? デリゲートハーベスティングでは、実際にハーベスティングを始める前に、NEMブロックチェーン上にトランザクションを送信します。 このトランザクションは、自分自身のアカウント(以降、「本体アカウント」)が保有するImportanceを「代理アカウント」にマッピングします。 これにより、代理アカウントは本体アカウントが保有するImportanceを利用して、ハーベスティングに参加することができるようになります。 より スーパーノードとは スーパーノード(SN)とは、通常ノードの上位版のような考え方で良いと思います。 但し、スーパーノードになるには、 300万XEM以上の保有や常にチェーンが同期されていること、最低秒間2000回繰り返しでハッシュ可能であること、NISのバージョンが最新であること、などが条件となっており、1日に4回のチェックにパスすると報酬をもらうことができます。 もしあなたがスーパーノードになった場合、自分に委任ハーベスティングする形になりますので、通常のハーベスト報酬を得ることもできます。 2017年7月現在では300XEM前半くらいが毎日支払われています。 山分けなので、スーパーノードの数が多いほど1SNあたりの報酬額は少なくなります。 スーパーノードはNEMネットワークの中核を担うノードでもあり、例えば 委任ハーベストの委任を受ける側になる存在であることから、運用者はセキュリティ面を含め監視・管理する意識があるべき存在だと思われます。 スーパーノード報酬が枯渇したら? 心配する必要は全くありません。 枯渇問題はきちんと議論されています。 A:(枯渇するであろう時期の)2020年を過ぎてもまだネットワークがスーパーノードを必要とするのであれば、(報酬付与する)期間を延長するでしょう。 私たちにはそのファンドがあります。 より NEM. io財団 NEMのコミュニティ2016年12月に国際的な親組織とするべく、シンガポールに保証有限責任会社であるNEM. io Foundation Ltd(NEM財団)を設立し、各国や地域に支部を作っていくことになりました。 国々の支部は、シンガポールの財団が定めた慣習に従う義務があります。 支部の構成員は集まってコミュニティを組織するだけにとどまらず、ビジネス、学問的研究や地域の政府などに携わり、その地域での教育的イベントやワークショップを開催していく方向です。 2019年、新しい財団に生まれ変わり再スタート 2018年12月に組織改革のための選挙が行われ、新たにアレックス・ティンスマン氏(米)が代表に選ばれました。 彼女は2017年6月から「Inside NEM」という番組をYouTubeで配信していました。 新しい組織では、これまでマーケティングや教育中心だった方針から大きく方向転換し、コミュニティ中心主義かつ プロダクト特化型となります。 そうすることでNEMネットワークの根幹である技術開発により力が集約され、実需を増やす(ビジネス採用やトランザクションの増加)ことに直結していくので、大きな期待が寄せられています。 尚、NEM財団はNEMの普及や採用を促す独立した組織であり、 NEMというブロックチェーンプラットフォームの開発に直接関わっている組織ではありません。 NEMにはコミュニティファンドというものがあり、あるプロジェクトがそこから資金調達すべく、コミュニティ意思を確認するための投票などが行われたりします。 PoI投票とも呼ばれ、単純にYes票が多いかNo票が多いかだけではなく投票者のPoIスコアも加味されます。 また、この投票はホワイトリストを作成する(作成時に投票タイプをPoIからWhite Listにする)と、任意のアカウントアドレスだけが投票に参加できるように設定可能です。 NEMコミュニティファンドDAO NEMにはコミュニティファンドというものがあります。 規定の手順や条件にそって申請し、コミュニティ投票で可決、コミュニティファンド委員会投票で可決すると、マイルストーンに対して財団より資金の支払いを受けることができます。 テックビューロ株式会社とNEMは、プライベートブロックチェーンmijinとパブリックブロックチェーンNEMとの両方で稼働する新型のウォレットアプリケーション「Nanowallet」をオープンソースとして公開。 またその一機能として、世界初となる、所有権が移転可能な証明書をブロックチェーン上で発行できるツール「Apostille(アポスティーユ)」を実装し、誰にでも使えるツールとして提供開始しました。 2016. 1:土地やアート、写真、宝石、特許、音楽、自動車といったようなあらゆる所有権の登記 2:議事録や契約書、メール、ツイート、音声記録、ログ、タイムカードなどのタイムスタンプ記録 3:売り上げデータや会計データなど、後に監査が必要となる情報の記録 今後、ワンステップで複数社の署名による証明書を生成し、オンラインでの契約締結を誰でも容易に行えるようにするなどのアップデートも予定されているようです。 アポスティーユ(Apostille)ホワイトペーパー日本語訳 クリプトストリームにて日本語訳をいたしました。 以下より無料で全文閲覧いただけます(PDF版あり) Catapult(カタパルト)とmijin 日本の取引所Zaifの旧運営会社「(現在は)」が開発したプライベートブロックチェーン「」はNEMの技術をもとにしており、2015年12月に野村総合研究所と住信SBIネット銀行がブロックチェーンの実証実験にあたりmijinを採用することが発表されるなど注目を高めました。 2018年5月には次期バージョンmijin v. 2 Catapult の一般公開がはじまりました。 Catapultはプライベートチェーンmijinで一定の運用を経た後に、 パブリックチェーンである本家NEMにも2019年後半を目途に実装されるべくいます。 Catapultを実装することで、NEMはNEM2となり、 真価を発揮することが期待されます。 CatapultでNEMは秒間4000件のトランザクション処理は間違い これはあくまでもプライベートチェーンの場合の数値で、 パブリックチェーンのNEMではそれほどの処理数には対応できません。 対応するには強力なノードが必要になり、ノード運用者の負担が増えると運用意欲が落ちるので、ノードの分散化には向いていないと、います。 Catapultの新機能 アカウントフィルタ 許可したアドレスからだけ送信を受けることができます。 同様に、受信したくないアドレスをリスト化することもできます。 また、許可したモザイクが添付されている場合だけ受信を許可したり、ブロックリストにあるモザイクを含んだトランザクションの拒否も可能です() マルチレベル・マルチシグネチャ マルチシグアカウントは10連署者までを設定可能です。 アカウントは5マルチシグアカウントまでの連署者として設定可能です。 マルチシグアカウントは3階層まで、他のマルチシグアカウントを連署者にすることができます。 共にレンタル期間の更新は1年単位でしたが、承認済みブロック数を指定することで自由に期限を設定でき()、また、モザイクは期限切れのない設定にすることも可能となります() アグリゲートトランザクション 複数のトランザクションを一つにまとめ、トラストレスな交換や高度なロジックを可能にします。 この機能により、他者が送信する際の送金手数料を第三者が代わりに負担することまで可能となります() 例えば、モザイクをトークン化されたゲームアイテムやポイントサービスのポイント等として利用するとして、現状では付与されたユーザーがXEMを保有していなければ送信することができないデメリットがありますが、運営会社が手数料を負担することで、ユーザーはXEMを保有することなく(NEMのことを知らなくても)、それらのサービスを利用することが可能になります。 クロスチェーンスワップ トランザクションの過程に第三者(例えば取引所 が入ることなく、異なるブロックチェーン間でのトークントレードを可能にします() XEMとETHといった異なるチェーン間での交換だけでなく、プライベートチェーンmijinが使われたサービスで発行されたトークンとパブリックチェーンNEM上のトークンを交換すること()までも可能となります。 例えば、EthereumのDappsとして開発されたゲーム上で発行されたERCトークンベースのデジタルアイテムと、NEMをプラットフォームとして開発されたゲーム上で発行されたモザイクセットがベースとなったデジタルアイテム(ステーブルコインでも)を第三者の関与なしに交換できることにもつながります。 mijinとCatapult、その他の情報 テックビューロ株式会社では、一般社団法人全国銀行協会(全銀協)が「ブロックチェーン連携プラットフォーム」プロジェクトにおいて、一般に公募したブロックチェーン情報提供依頼に対して、弊社製品mijinの製品資料を本日提出いたしました。 当プロジェクトは、全銀協の会員企業である金融機関における実証実験の実施を容易化することが目的です。 他社製品に比べ既に実用性が高く、圧倒的にコスト削減を可能とするmijinは、その趣旨に合うものであると弊社で判断し、今回のmijinとしての応募と相成りました。 それに際しまして、一般的にはまだ公開をしていなかった、mijinとNEMとで共通して今後全面的に推し出す2つのコンセプトである「On-Chain Asset Modeling(オンチェーン・アセット・モデリング)」と、「Smart Signing Contract(スマート・サイニング・コントラクト)」を、本プロジェクトに提出した資料を持って一般にも公開させて頂きます。 本コンセプトは、2017年5月にニューヨークで開催されるブロックチェーン展示会における、NEMとの共同によるブース出展と共に欧米マーケットにも正式に発表されました。

次の